シフ@KNインタビュー



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

KNさんにUPされてた ↓ インタビューです。
(多分、例の一件 前に録ったものですが。。。)


251221kis.jpg

: KNTVの視聴者の方々に挨拶をお願いします。
シフ : KNTV視聴者の皆さま、『清潭洞アリス』でチャ・スンジョ、
  ジャンティエル・シャ役を演じたパク・シフです。こんにちは。

251221kis (1)

: ドラマで演じられたチャ・スンジョは、どんなキャラクターですか?
シフ : 私が今まで演じてきたきちんとしたイメージとは
  距離がある人物です。
  コミカルな面もあり、感情にとても幅があるキャラクターです。
  そして、作家の方々がとても魅力的な人物を作ってくださったので、
  楽しみながら撮影に臨んだ気がします。

: 『清潭洞アリス』に出演したきっかけを教えてください。
シフ : 最初に台本を読んだとき、とても良い印象を受けました。
  他の作品も同様ですが、第一印象を大事にする方です。
  印象も良かったですし、
  今まで演じたことがないキャラクターだったので
  出演を決めました。

: 思い切ったコミカルな演技で話題になりましたが、
  チャ・スンジョを演じるにあたってどのように役づくりを
  されましたか?
シフ : 特別な努力をしたというより、
  ひとつひとつ演じながら適応しながら撮影を進めた気がします。
  他のキャラクターを思い浮かべながら感情移入したわけではありません。
  普段から人見知りをする方なんですが、
  一度親しくなったらすべてを見せる性格なので、
  そんな肩の力を抜いた姿をカメラの前でお見せできたら
  良いんじゃないかと思いました。
  できるだけ自然な姿をお見せようと努力しました。

251221kis (2)

: 忠清南道・扶余出身ですよね?
  劇中でチャ・スンジョも興奮したら方言が飛び出してきました。
シフ : もともとは台本になかったんです。
  作家の方々とお会いして何度か話しているうちに、
  「ご出身はどちらですか?」「忠清道です」
  「だったら、方言を使ったら面白いんじゃないですか?」と、
  作家の方々がうまくキャッチしてくださったようです。
  話しながら私の性格などをうまく反映してくださったので、
  私によく合うキャラクターになったと思います。
  方言もなかなか似合うと言われました(笑)。

: もともと方言は使っていたんですか?
シフ : 大げさなほどには使いません。
  あれはドラマだったので……。
  たまに少し……?

: コミカルなシーンが多かったですが、
  今思い出しても恥ずかしいシーンはありますか?
シフ : そうですね、全部恥ずかしいですが(笑)。
  友達とコミカルに踊るシーンがあったんですが、
  すごく恥ずかしかったです(笑)。
  画面を通して見たら、とても面白いシーンになっていました。

: では、反対に格好いいシーンや名シーン、
  名台詞はありますか?
シフ : 個人的に気に入っているシーンは、
  タミー・ホン(キム・ジソク)の髪に醤油をかけるシーンです。
  そのシーンが一番気に入っている気がします(笑)。

: その時の台詞は覚えていますか?
シフ : 「タミー・ホン、映画の『ベン・ハー』を見たよね? 
  若きアリウスは神経質だ。。。覚えておいてください。
  新しいアルテミス会長も相当神経質だということを!」ですね。

: シリアスな表情からコミカルな演技まで、
  チャ・スンジョを通じて様々な姿を見せてくれましたが、
  演じながら難しかったことはありますか?
シフ : キャラクターを掴むのに難しかったことは
  ほとんどなかったんですが、
  ドラマのスケジュールがとてもタイトだったので
  それが大変でした。

: ネチネチして尾を引くタイプであるスンジョですが、
  パク・シフさん本人が考えても
  これは本当にダメ男だったと思うシーンは?
シフ : う~ん・・・(しばし考えて)  
  セギョンにメールを送ったが返信が返って来ず、
  そわそわ・・・
  爪まで噛みながら・・(笑)返信を待つ姿などでしょうか?

: 劇中のチャ・スンジョと実際のパク・シフさんに
  似ている点、異なる点はありますか?
シフ : 私と親しい人からは、私ととても似ているとよく言われます。
  いたずら好きで(笑)。
  人見知りをする方ですが親しい人には全部見せてしまう方で、
  そんな姿も私とよく似ていると言われます。
  バカっぽいところ?(笑)
  そういうところは私とは違います(笑)。

251221kis (3)

: ドラマのタイトルにある"清潭洞"が韓国人にとって
  どんな街なのか、日本人にわかりやすく教えてください。
シフ : 簡単に言うと、日本の青山の雰囲気と似ている気がします。
  トレンディーで、若者たちのオシャレな雰囲気が
  清潭洞に似ているんじゃないかなと思います。

: 相手役としてムン・グニョンさんと共演されましたが、
  いかがでしたか?
シフ : 何より、相手役の俳優に対してとても配慮してくださる方です。
  親切な方ですし、
  このキャラクターはグニョンさんでなければ表現できない
  キャラクターだったと思います。
  演技もとても上手で、私とも息がぴったりでした。

: ムン・グニョンさんについて、イメージ通りだったことや
  イメージとは違っていた部分はありますか?
シフ : 幼く見えますし、活発なイメージがあったんですが、
  とても真面目な方でした。
  深みがある方で、新鮮でした。

: 『清潭洞アリス』の見どころを教えてください。
シフ : スンジョが愛を見つけ出していく過程も見どころですし、
  これまで私が見せることができなかった意外なキャラクターも
  愛してくださったら嬉しいですし、
  何より面白いドラマです。

251221kis (4)

: 2012年は『清潭洞アリス』や映画『私は殺人犯だ(原題)』など、
  イメージチェンジした作品に挑戦しましたが、
  これまでにない演技を通して、
  役者としてどんな点が成長できたと思いますか?
シフ : 毎回、作品を一つずつこなす度に内面的、
  外面的にも少しずつ成長しているような気がします。
  その中でも特に『清潭洞アリス』のスンジョ役は
  新鮮な経験にもなりましたし、
  初の映画、『私は殺人犯だ(原題)』も
  やはりデビュー当時からずっとやってみたい役だと
  アピールしてきたキャラクターでもありました。
  表現できる・・溜め込める感情の幅が広がった感じがします。

: 俳優になった後、一番幸せだった時は?
シフ : そうですね・・
  俳優の仕事をしていなかった頃も幸せな人生だったと
  言える自信があるので・・・(笑) 
  俳優になった後は・・・
  やりたい作品を選んで実際にその役を頂いた時や、
  遠くの地方ロケ現場まで訪れて応援してくれる
  ファンの皆さんを見ている時です。

: 演技以外に趣味を生かし
  本格的にチャレンジしてみたい事はありますか?
シフ : 運動と写真を撮るのが好きなので
  暇さえあれば趣味を生かしています。
  最近は特に旅行先で写真を撮る作家のように・・・
  カメラを片手に旅行に行ってみたいと思っています。

251221kis (5)

: パク・シフさんにとって演技とは?
シフ : 演技とは・・?難しい質問ですね・・
  一生を共にする親友みたいな・・
  離れていると懐かしく、絶え間なく努力しなければならない
  そんな思いです。

: どんな俳優になりたいですか?
シフ : トップスター、韓流スター、ハリウッド進出など
  俳優として手に入れたいものはありますが・・
  何よりも長い間、演技をする・・
  真実性がにじみでる、また心を動かせる
  そんな俳優になりたいという思いがあります。

: 様々なジャンルや役をこなして来ましたが、
  今後チャレンジしてみたいジャンルや演技は?
シフ : 鳥肌が立つような二重人格を持っている
  鋭いキャラクターや
  いつまでも話題が絶えない美しいラブストーリードラマ
  若しくは映画を必ず残したいです。

: 2014年日本活動についての計画は
シフ : まず、近々"KNTV"の『清潭洞アリス』で
  お会いできますね(笑)。
  2014年は……う~ん、いろんな計画を準備しています!
  ひとつずつ実現していけるようにしますので、
  もう少しだけ待っていてくださいね。





| Top |