ヒョヌ@インタビュー 1



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

コチラでヒョヌ君がインタビュー受けてました
以前にも聞いたことある話しだったりもするけど
一段とヒョヌ君がメンコくなったので
とりあえずP子流ナンチャッテ訳でUPします


☆☆"・.*..。..*"☆"*..。..*・"☆☆"・.*..。..*"☆"*..。..*・"☆☆  


SBS連続ドラマ「おバカちゃん注意報」が大盛況で幕を閉じた。
あらゆる刺激でドラマが幅を利かせた2013年。
「おバカちゃん注意報」は放送中、限りなく温かい話しで
視聴者に感動をプレゼントした善良なドラマだ。
好評も受け、大挙出演した若い俳優達も視聴者に認められ、
スターに生まれ変わる可能性を立証した。
その中に俳優ヒョヌがいた。

251203ih.jpg

: 俳優ヒョヌに対する世間のイメージはどうだろうか。
  いつも笑顔、半月目の微笑、
  高校生と言っても信じられるほど幼く見える外見、
  愛嬌溢れる気さくな姿。
  しかし、実際のヒョヌは1985年生、今年で29歳。
  性格も私達が想像する ただ明るいだけではない。
  ヒョヌは誰よりも正直で愉快に自分の性格について話した。

ヒョヌ : 実際の性格はやや極端な部分があるみたいです(笑)
  まだ経験が少ないので、どうしても演技をしていると、
  起伏が激しくなるみたいだし…
  なので徐々に自由に自分の感情を表現する方法を学んでいます。
  昔の私の姿を知っている人なら、今私がこんなに演技をし、
  インタビューしている様子を不思議に思うかも知れません。
  恥ずかしがりでもあるから(笑)

251203ih (1)

: 「おバカちゃん注意報」は固定視聴者層を確保し、
  安定した人気を得たドラマだ。
  それだけでなく、1週間に5日、1日30分、
  定期的に放送される連続ドラマだ。
  自然にヒョヌを知る人も増えてきたはずだ。
  周りに知られた時の気持ちはどうなのか。

ヒョヌ : 確かに以前より僕を知ってる人が増えました。
  先日、100%VのMV撮影中、通りすがりの人達に
  「おバカちゃん注意報」に出てる、と言われました。
  それだけドラマを愛して下さった方が
  たくさんいると思うと感謝します。
  でも、私は人に知られることが恥ずかしくてきまり悪いです。
  もともと対人恐怖症が少しあるので…

: 俳優と対人恐怖症は明らかに似合わない言葉だ。
  華麗にスポットを浴び、大勢の前で自らの才能を
  見せなければいけない職業だからだ。
  特にヒョヌは以前KBS「ミュージックバンク」のMCとして
  毎週生放送を進行した。
  決して容易でない挑戦だっただろう。

ヒョヌ : 治療を受けなければいけないほど深刻ではないが、
  対人恐怖症が少しあり、幼い頃は発表もできない性格でした。
  最初はこういう性格のせいでとても大変でした。
  「ミュージックバンク」MC初回時は清心丸(薬)を飲んだほどです。
  それで見つけた方法がカメラでした。
  無条件にカメラを見ました。
  カメラにランプが付けばカメラをまじまじ眺め、
  カメラがなくなって人が多くなれば床を見ました。
  なんでそんなに苦労したんでしょ(笑)
  でも、やってみると、ちょっと好奇心が出て来ました。
  私がミスをすれば、私だけがダメと言うわけでは済まない。
  演技であれMCであれ、絶対悪ふざけしてはいけません。
  油断出来ませんでした。
  そうしてるうちに、少しずつ良くなってきました。

251203ih (2)

: ヒョヌが性格まで変えて俳優になった理由は何か。

ヒョヌ : 私が演技にずっと挑戦する理由は面白いからです。
  俳優という職業自体、本当に魅力的です。
  俳優はキャラクターを通じて様々な人生を生きられます。
  1年に私が何本の作品を出来るか分かりませんが、
  その作品の数だけ違う私を生きられるという点が
  本当に独特ながらも魅力的です。
  さらに、新しい経験をしながら自ら成長するきっかけになります。
  こんなに魅力的な長所があるのだから、
  対人恐怖症は自ら克服すべきだと思います。
  今はほとんど治ったようです(笑)

若く見えるヒョヌだが、今年でデビュー6年目の役者だ。
彼のフィルモグラフィーを見ると、
少しずつ、着実に多様な役に挑戦してきた。
急がず、しっかり固めてきたという感じだ。
ヒョヌが性格まで変えながら、
6年という長い時間、努力してきたのは、
全ては演技が与える喜びと、その魅力のおかげだろう。
こんな情熱と努力が今後の俳優ヒョヌを
期待させる理由でもある。





| Top |