2016.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2016.11

19日午後、ソウル江南区清潭洞ハンスタイルで
ゴールデングースデラックスブランド15周年記念の
イベントが開かれ、ジョンジェも出席しました  

281024gj (1)

281024gj (2)

281024gj (3)

281024gj (4)

281024gj (6)

281024gj (5)

281024gj (7)

281024gj (8)

ロカビリーもどきの上半身を見てると
高橋ジョージに似てたりもするけど(笑)
この上下…バランス悪すぎない?
会場でユンギ氏がJJにインタビューしてるけど、
もしや彼がトータルコーデしたんかな?
…ええ加減なもん着せんといて

281024gj (9)

281024gj (10)

281024gj (12)

イ・ジョンソク君も出席してたようですが、
ひょっとして、ジョンジェとパンツ…カブってる? 
会場で “やべっ” と彼の方が先に気付いて
慌ててコートはおって隠してくれたんかな?   

281024gj (11)






JJ@ボルボ

当ブログは男前限定ネタ だってぇのに(そうだったん?)
なかなか更新しないもんだから
たまたま上げたヨンチョル氏のせいで、
モッセンギョッタな彼がいつまでも一番上にあるのは
ちとマズイ。。。 (ヨンチョルペンの皆さまミアネ~
早くジョンジェのネタをUPせんと~!
と 思いつつも (んなら JJは男前なのか?
ネタを温めすぎて(?) 時期を逃し、
お蔵入りとなったネタばかりときた。。。

その山積みとなったボツ箱行きのネタの中から、
とりあえず 1ヶ月程前のネタになるけど
9月26日、漢江公園内の人工島「セビッ島」で開催された
ボルボ社の新車「THE NEW S90」発売記念イベントに
出席したブランド広報大使イ・ジョンジェを貼りますダ

281023vj (1)

281023vj (2)

 

281023vj (5)

281023vj (6)

281023vj (7)

281023vj (8)

281023vj (13)

281023vj (15)

281023vj (17)

281023vj (18)

281023vj (19)

281023vj (20)

オールバックっすか。。。
ハラリ…と前髪が落ちないよう、
ポマード べったり塗りたくってるけど、
次回作のためなのか、かなり髪伸ばしてますネ~。

281023vj (3)

281023vj (4)

281023vj (14)

281023vj (16)

この日イベントのMCはパク・ウンジ。
お色気お天気姉さん 出身のせいか、
JJへの視線が 狙ってる感ありありでんガナ…

281023vj (9)

281023vj (10)

281023vj (11)

281023vj (12)




「ナ ホンジャ サンダ」キム・ヨンチョル出演回 見てたら
(日本のタイトルは「シングル男のハッピータイム」)
芸能生活18年の彼がファンクラブ設立1周年を記念し、
1stファンミを開いてた。

281016.jpg

ヨンチョル氏は張り切って準備をし、
いざ会場に着くと、収容人数80名の狭さ。。。
こんなんじゃファンが入りきらないので、
100名以上ファンが来たら会場を変えねば!
…な~んて心配をよそに、集まったのは14名(笑)
内、10名程は名前を知ってる常連さんなので、
今回 初めて会うファンの名前をすぐさま覚え、
全員 名前を呼べるファンミも珍しいよね~と、
もっと大勢来ると期待してた自分が恥ずかしくもあり、
こうして応援してくれる希少な(笑)ファンに感謝もし…
こじんまりとしつつも、だからこそイベントは盛り上がってた。

最後に、ずっと応援してくれてるファン1号さんが
ヨンチョル氏に贈った写真と手紙を読みながら、
彼はこらえきれず泣いてしまったのだ。。。 

「ボクはファンのいる人が羨ましかった。
 でも、そんな必要はなかった。
 生きていく喜びはこういうことなんだ、と。
 ファンは友達。 
 1人で生きていく僕には必要な友達。 
 僕が欲するものを知っている。 
 まるで僕の保護者のようで、同伴者のようだ。
 色んなことを感じたひとときだった」
大切な存在を改めて確認できた
と~~~っても良いファンミだった。
本来ファンミってこうあるべきなんだろうナ


我S王子も昔は小さな会場でファンミしてたよネ。
手が届く位 ファンとの距離が近い会場で、
ファンのリクエストに即座に答えたりして…。
それが今じゃ、ファンが増えたおかげで、
でっかい会場で 小さなS王子を眺めるファンミってか。。。
日本や中国ではけっこうな頻度でファンミしてるけど、
(コンサートまでやらかしてるし…
本国のファンとも 今もファンミやってるのかな?
あの一件以来 韓国の若いファンは
離れちゃったかな?
だって、以前なら韓国のブログでS王子を取り上げる人は
一杯いたのに、最近サッパリだしなぁ。。。
(仕事してないせい? ← 仕事がない?
S王子様、韓国のファンに呼びかけて、
また小さな規模のファンミから始めてみたらドウ?
…え、余計なお世話? 
日本のファンミで稼ぐから俺の心配するなって?

281016-2.jpg


さて、話しをヨンチョル氏に戻しますが…
なぜに彼をネタにしたかと言うと、
決して彼に惚れたからヂャありません
(「チンチャサナイ」も彼目当てで見て大笑いしたけど、
 だからって、ヨンチョル氏の存在は気にもならなきゃ、
 今後もハマルことはないと思います
 
実は、ヨンチョル氏がファンミで歌った曲が良かったのよ~~~
んなわけで、オリジナルを探してみると…
キム・ジョハンの 「사랑에 빠지고싶다」 (恋に落ちたい)で、
これ、シギョン氏やエクソの僕などなど、
けっこう色んな人が歌ってるんだね~。
そんだけ名曲ってことなんだワ。。。



運動をし 一生懸命働き
週末には映画も見、
本屋で本に引き込まれ
見知らぬ世界に胸ときめかせる
こんな人生 とても良い
僕は楽しくやってる なのになぜ

すごく寂しい 涙が出る 
僕の人生こんなに華やかなのに
孤独なんだ 
君は僕に問いかける
あなたは今この瞬間 本当に幸せなのかと

僕には僕を本当に愛してくれる そんな人がいる 
なのになぜ
すごく寂しい 涙が出る
僕の人生こんなに華やかなのに
孤独なんだ 
君は僕に問いかける
あなたは今この瞬間 本当に幸せなのかと

僕は答える すごく寂しいと
僕が存在する理由はなんだろう
愛とは何か とても気になる

愛しながら僕はまた寂しくなる
生きるとは何か なぜこんなに寂しいのか
また愛に苦しんでみたい




9月23日、永登浦区のタイムスクエアで
『阿修羅』のVIP試写会が開かれ、
ウソン君を応援するため ジョンジェも駆けつけました

281004aj (14)

281004aj (15)

281004aj (12)
 
降参です、もう勘弁して下さい
センスのかけらもなきゃぁ、体型とも合ってない
どうやったら こうゆう服のチョイス出来るのでしょ。。。
これを着たあと、鏡で全身チェックしたのでしょうか。

281004aj (2)

281004aj (3)

試写会にはTOP君も出席してましたが、
彼もタータンチェック選んでますね。
最近ますます彼とJJは仲良くなってるようなので、
事前に打合わせして、さりげないペアルック風に、
な~んてことになったのかな。。。
そうだとしても JJのコーデセンス…ひどすぎ

281004aj (9) 

281004aj (8)

281004aj (10)

281004aj (11)

ウソン君がインタビューでJJとのこと語ってました。
  撮影中、僕が変わっていく姿を見て
  ジョンジェが「すごく大変みたいだ」と言っていた。
  映画を見た後は
  「とても素晴らしく、韓国映画の中で
  最もハードボイルドな映画が出てきた。
  もう、最後まで行ったんだね。
  公開したら、1~2ヶ月で終わるのではなく、
  10~20年以上も話題になる作品を残した、
  おめでとう、羨ましいと」言われ、
  その言葉を聞いて胸がいっぱいになった。

  試写会後、同僚達から羨ましさも含めた
  褒め言葉を聞いた時、
  本当によくやったと思ったけど、
  イ・ジョンジェもそう言ってくれた。
  彼だけではなく、試写会後に会った後輩たちが
  「本当にチームワークが良く、皆上手だった」
  と、羨ましがられた。

281004aj (6)

281004aj (7)

281004aj (4)

281004aj (5)

281004aj (13) 
足首ツヤツヤしててキレイだけど…
ストッキングはいてるのでしょうか?

『阿修羅』チーム
281004aj (1)

ウソン君達 主役陣が 『阿修羅』広報のため
各ゲーノー番組でインタビュー受けてた頃、
どれを見てもチュ・ジフンの受け答えはオモロかった
先輩ファン・ジョンミン達もジフンがいるかいないかでは
現場の雰囲気が全く違う、彼はムードメーカーだ!
と褒めてたけど、彼っていつからこんなキャラなの?
口数少ないクールな殿って思ってたけど…、
役のイメージって怖いわぁ~。

そう言えば…
最近 シフ君はこうゆうイベントに顔出さないね。
誰からも 声かからないのかしら。。。






| Top |