2012.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



動画も貼っときヤス~



チョン・ビョンギル監督:
  今まで見られなかった新しいアクションを見せたかった。
  新しい大衆映画を楽しめるでしょうし、
  2人の俳優をキャスティングし、千軍万馬を得たような気持ちです。
  2人のおかげで映画のクォリティーがはるかに高くなりました。

チョン・ジェヨン:
  肉体的に大変な部分がとても多かったです。
  俳優やスタッフ全員で苦労しただけに、
  良い作品が出てきて嬉しいです。
  多くの愛をお願いします。

パク・シフ:
  デビュー当時からサイコパスや連続殺人犯のような、
  一つの作品で両面的な姿を持つキャラクターをしてみたかった。
  そしてチョン・ジェヨン先輩と共演したい理由も大きかったです。





チョン・ビョンギル監督:
  『私が殺人犯だ』はとても汗臭い映画です。
  俳優やスタッフが苦労しただけに、
  良い結果を得られたら嬉しいです。

スポンサーサイト


チョーセンさんも い~っぱいUPしてくれてました
毎度おおきにでごジャいます

241031161

241031162

241031163

241031164

241031165

241031166

241031167

241031168

241031169

241031170

241031171

241031172

241031173

241031174

241031175



先日の「芸能街中継」のインタビューで、
ジェヨン氏はシフ君の十八番であるポーズを笑ってたのに、
なのに今回…マネしてます
なんせジェヨン氏、韓流スター目指してますから、グハハ

241031139

241031140

241031141

241031142

241031143
     きっとシフ君は心の中で…
     “だ~か~ら~、ええ加減止めろ っちゅうの”
     って思ってんだろうナ。。。

241031144

241031145

241031146

241031147

241031148

ジェヨン氏にポーズを真似されないよう、
今度は違うポーズで記者の目を引いて(?)おりますが
…マンセ~ 控え目バージョンでしょうかネ?
241031131

241031132

241031133

241031134

241031135

241031136

241031137

241031138



241031101

241031102

241031103

241031104

Q:チョン・ジェヨンとパク・シフをキャスティングしたきっかけは?

チョン・ビョンギル監督:
  チェ・ヒョングの役は、シナリオを書く時から
  チョン・ジェヨンさんを念頭に置いたキャラクターでした。
  イ・ドゥソクは、既存の映画界にはない新しい顔を探し、
  そこでパク・シフさんと初めて会った時、
  見るやいなや“イ・ドゥソク”だと感じました。
  それで迷わずキャスティングすることになりました。

241031105

241031106

241031107

241031108

Q:2人をキャスティングする時、どんな点を見てキャスティングし、
  撮影後、俳優に対する感じはどうでしたか?

チョン・ビョンギル監督:
  チョン・ジェヨンさんをキャスティングし、
  千軍万馬を得た気持ちだった。
  撮影しながら演出的な部分においても、
  現場でたくさん助けられました。
  パク・シフさんもやはり同じように心強かったです。
  私としては初めての商業映画であり、
  パク・シフさんもやはり初めての映画なので、
  お互い“初めて”という同質感を感じました。
  また、2人の俳優は全てにおいて、
  難易度が高くて大変なアクションシーンを
  立派にやり遂げたことが非常に有難く、感謝しています。
  2人の俳優に会わなかったら、
  これだけの映画は出来なかったと思います。

241031109

241031110

241031111

241031112

241031113



24103175

24103175

24103176

24103177

パク・シフ:
  劇中、カーチェイスシーンがたくさんあります。
  しんどくて、中盤は愚痴を言いたくなりましたが、
  隣でチョン・ジェヨンさんが走っているのを見てやめました。
  もっと驚いたのはプールのシーンです。
  ガウンを脱いで撮影すればいいと思っていた。
  (冬場だったが室内だったので)
  でも、冷たい水だった。
  ドラマが終わってから、すぐダイエットに突入して、
  2~3週間 炭水化物を摂取せず、水だけを飲んでいた。
  体力が底をついた状態で冷水に入ったら、
  眩暈がした。
  体内の水分を除去しようとした。
  そうしないと、スタイル良く映らないから。
  そうやって10時間以上を冷水で泳いだ。
  10分で凍傷になりそうなぐらい冷たかった。
  諦めたくなるほどきつかった。
  体を少し撮ってから入水するシーンを撮るつもりだったが、
  物足りない感じがして愚痴を言っていたら、
  監督が全身を入れてくださった。
  この場をお借りし、お礼を言いたいです(笑)

24103178

24103179

24103180

24103181

24103175

Q:シフさんは今まで女優と主に共演しましたが、
  今回初めて相手役が男優です。
  チョン・ジェヨンさんとはどうでしたか?

パク・シフ:
  最初はとても心配しました。
  チョン・ジェヨンさんは とても無愛想だと思いましたが、
  一緒に仕事をしてみると快適で、
  初めての映画のせいか、私に“映画の良い思い出を作りたい”と
  仰って下さり、現場でもたくさん配慮して頂き、
  気楽に出来ましたし、演技の息もよく合いました。

24103175

24103175

24103182

24103183

24103184



24103152

24103155

24103156

24103157

24103160

24103161

Q: ジェヨンさんの悪口や台詞が面白かった。
  ひょっとして 現場でアドリブをしたシーンがあるのか?
  エピソードは何かありますか?

チョン・ジェヨン:
  悪口を言うシーンはちょっと出てきますが、
  現場でアドリブをして反映された部分もあり、
  編集された部分もあります。
  劇中、コーヒーの名前を間違って話すシーンがありますが、
  実際、私もコーヒーの名前がよく分からない(笑)
  最近ではアメリカーノを時々好んで飲みますが、
  2~3年前までは喫茶店のコーヒーが好きだった(笑)

24103151

24103162

24103158

24103159

24103154

Q:映画にどんでん返しがあるが、ストーリーを作る時、
  どんでん返しのソースが上手くけばインパクトはあるが、
  そうでなければ危険要素となってしまう。
  それでもどんでん返しを入れた理由は?
  また、『私たちはアクション俳優だ』、『私が殺人犯だ』など、
  特に映画のタイトル法があるのか?

チョン・ビョンギル監督:
   『私たちはアクション俳優だ』が終わった後、
  準備していた映画が途中でうやむやになってしまった。
  心機一転で済州島に行き、新しいシナリオを書いたのが、
  まさに『私が殺人犯だ』だった。
  シナリオを初めて書いた日、1/3を書いた。
  ところが、途中で行き詰まった部分が まさにそのどんでん返しだ。
  その部分だけで二ヶ月半も悩み、
  そこに泊まってほとんど書き終えたのに、残りの数枚が書けなかった。
  ストーリー上、ヒョングの観点で どんでん返しを入れたくて、
  時効に対する設定を探る過程が面白いだろうと思った。
  また、『私たちはアクション俳優だ』は私の周辺での話しだったため、
  私たちの話しだと思い、映画のタイトルをつけることになった。
  『私が殺人犯だ』は劇中に登場する本のタイトルで、
  映画のタイトルでもいけそうだったので、そうした。

チョン・ビョンギル監督:
  シナリオを書くとき寂しかった。
  お酒、ノートパソコン、タバコだけの暮らしだったが、
  ソウルに戻るときにタバコをやめた。
  本来、『私が殺人犯だ』は劇中の本のタイトルだった。
  うちの作家がタイトルをそれにしたいと話した。
  最初は『悪魔の涙』、『悪魔の告白』などだった。
  あいにくデビュー作品と同じようなタイトルだが、
  次の作品も似たようなタイトルだ。
(もう次回作あるの?
 もしや、またシフ君使ってくれるのかしら。。。

24103153

取材陣から「映画が500万ヒットいきそうですネ」と言われ、
シフ君達は拍手して喜んでます
24103163

24103164

24103165

24103166

24103167



24103131

Q:撮影しながら最も大変だった部分は?

チョン・ビョンギル監督:
  ドラマ上では二度目の百分の討論シーンに重点を置き、
  アクションシーンでは、カーチェイスの撮影のため、
  何度も会議をし、しっかり準備をしました。

チョン・ジェヨン:
  肉体的に大変だった部分は、雨降りに撮影した最初のシーンです。
  10日間撮影しましたが、初めての撮影なので順応出来ないまま
  撮影したせいか 大変でしたが、
  その後はかえって相対的に大丈夫だったようです。
  ドラマ上では監督同様、二度目の百分の討論シーンを撮る時、
  神経を使いました。

パク・シフ:
  カーチェイスのシーンを撮る時とても大変でした。
  そして一番苦労したのがプールのシーンです。
  体を見せるため、体を作るため何日も炭水化物を摂らなかったが、
  その状態で冬に冷たい水に入って撮影したので とても大変でした。
  なので最も記憶に残ると思います。

24103132

24103133

24103134

Q:観客がこの映画を見る時、どう接近すれば良いか?

チョン・ビョンギル監督:
  最初にシナリオを書く時、重くて刺激的な素材だが、
  映画が終る時は、観客が安堵するような
  ユーモアあふれる笑いで寛げるよう努力しました。
  アクションシーンの場合、今までなかった新しいものを
  してみたかった。
  新しい大衆映画が出てきた、そう考えて下さると嬉しいです。

24103135

24103136

24103137

24103138

24103139

Q:この映画のモチーフがどうなるのか気になる。
  実際、『殺人の追憶』をオマージュする部分があるようだが?
  殺人犯がスターになると言うのは、どんな考えで演出したのか?
  時間的背景に2005年を設定したのは公訴時効のためなのか?

チョン・ビョンギル監督:
  早朝の映画館で華城連続殺人事件をテーマにした
  『殺人の追憶』を見ました。
  空いてる映画館で 私の他に最後まで席にいたおじさんを見て、
  突然“あの人が連続殺人事件の犯人ではないか?”と思った。
  そして、もし『殺人の追憶』の犯人が公訴時効後 世に現れ、
  本を書いたとしたら、社会でどんな反響が起きるだろうか?
  と思うようになった。
  実際、日本でそんなケースがあるということを知りました。
  実在するその殺人犯は醜い容貌でしたが、
  『私が殺人犯だ』のイ・ドゥソクのようなハンサムな殺人犯が
  許しを求めた時、社会はどうなるか?
  と気になって映画を始めることになりました。
  また、劇中では公訴時効が重要な要素として作用するため、
  公訴時効が15年だった2005年に時間的背景を設定しました。

24103140

24103141

24103142


今月中旬、『私が殺人犯だ』の制作発表があり、
その後、一気にシフ君のインタビューがUPされ、
さらに、映画公開前とあって諸々の話題が尽きないところに
先日29日午後、ソウルの東大門メガボックスで
『私が殺人犯だ』メディア試写会・記者懇談会がありました。

こうゆう時に限って、ここんとこ私事で色々あって、
シフ君の記事を読むだけで精一杯の毎日です
んが、スルーはできまシェン
チョン・ビョンギル監督、チョン・ジェヨン氏、シフ君が出席した
記者懇談会の様子をUPしていきたく思います。

※ コチラの記事から、
  記者懇談会でのQ&Aを抜粋しつつ、
  シフ君中心に 画像を貼っていきます!

2410310

2410313
試写会 ↑ と ↓ 記者懇談会では衣装を変えてます
んが、並んでる関係者のほとんどがヤローばかり
それもアジョッシ率が高いので 服装が渋いです。
ってか、地味ダス 辛気臭いっす
せめてシフ君だけでも、もぅ少し明るい色を着て欲しかったナ。。。

2410314

2410315

2410316

チョン・ビョンギル監督:
  『私が殺人犯だ』は初めて作った商業映画です。
  非常にときめきながらも、初めてで不安もあります。
  大勢の皆さんに来て頂き、ありがとうございます。

チョン・ジェヨン:
  お忙しい中『私が殺人犯だ』メディア試写会にきて下さり
  感謝申し上げます。
  足りない点がありましても寛大な気持で見て下さい。

パク・シフ:
  私にとって生涯初めての映画なので、
  いつまでも心に残る映画です。
  俳優やスタッフと共に苦労しながら撮った作品です。
  多いに宣伝して下さい(笑)
  ありがとうございます。

2410317

2410318

2410319

24103110



シフ@cine 877

cine21 No.877(10月30日~11月6日号)
表紙が『私が殺人犯だ』のシフ君達っすネ

2410296
映画のコンセプト まんまの2人ですが、
ジェヨン氏は映画と違ってキレイなカッコさせてもらってます

cineさんは掲載記事をHPに丸々UPしてくれることあるので、
期待して待つとしますが…
公開前だから他の雑誌でも取り上げられるんだろうナ~。


cineさんのフェイスブックから拝借しました~
2410297


デザイナ~シフ@MUCHA

2410291

シフ君が韓国のジュエリーブランド「MUCHA」と手を組み、
ファンへのときめく初恋を表現しつつ(笑)
キスとラブをモチーフにした限定版ジュエリーを制作しました

2410292

2410293

シフ君とMUCHAのデザイナー(キム・ジョンジュ)が
コラボした「The Kiss of First Love」は、
その販売収益金が子供たちの救護団体に寄付されるらしく
来月中に韓国と日本で限定販売される予定。。。

2410294

2410295

以前、「MUCHA」が獎忠洞の新羅免税店にOPENした時、
シフ君がお祝いに駆け付けてたけど、
MUCHA代表のキム・ジョンジュさんとはドーユー関係なの?

シフ君自らデザインをし、さらに限定販売となると、
注文殺到しそうだな~~~
我も思わずクリックしてしまいそうだけど、
まずは…出来栄えを見てから決めよう(笑)



シフ君@三角ペンティ

シフ君の『私が殺人犯だ』水着シーンが公開されましたネ

24102752

これ、シフ君が先日から怒涛のインタビューの中で、
どのメディアにもブ~たれてた プールのシーンっすネ(笑)

寒い中、冷たい水中で何時間も撮影したから
マジ凍傷になるんじゃないかと心配したシフ君は、
役者人生で初めて挫折しそうになった と言うてましたナ。。。
きっとこの画像撮られてる時も、
“早く家に帰って 温かいユズ茶飲みたいヨ~
なんて 泣きべそかいてたんやろナ。。。

短い期間で体を作り上げなきゃいけなかったので、
日焼けしたり、無理な食事制限して鍛えた上、
あんなに寒い思いして水中で頑張ったのに、
本編で使われた映像は、わずか30秒。。。
それも、見栄えがイマイチだったんだとか。。。
(日本で発売されるDVD特典映像には、
 このプールのシーンは ノーカットで入れて欲しい

24102751
低い水温のせいで、サブッ!と、しつこく喚いてただけあって、
体がマッカになってますワ。。。 

そう言えば…
昨年12月19日のツイッターにこの時の様子がUPしてましたネ  
   → コチラ  
沢山画像 貼ってあったから期待したけど、
映画ではツイみたいなフルショットは見られないのかな。。。

この水着を取り上げてた記事の中に、
「パク・シフ  三角水着1枚でスタイル露出 “マネキン比率”」
ってタイトル付けてるとこあったけど、
韓国って、ビキニのことを三角パンツって言うよネ
(ブリーフもサムガクペンティと言います)
ちなみに、トランクスはサガッペンティ(四角パンツ)です。
以上、イザと言う時役に立たないハングル講座でした




インタビュー画像の続き、いきます

24102613

24102617

24102618

24102619

24102620


24102614

24102615

24102616

24102621

24102622

24102623

24102624

2410271

2410272

2410273

いくつもあったインタビューの中で、
(記事の翻訳は 本家ブログ 参照下さい
心に残るシフ君の言葉がありました

  1つの作品で人気の出た仲間を見ると、
  不思議だったり、羨ましくもありました。
  でも、色々な作品を通して築いて行くのが
  私の長所でもあり短所でもあります。
  映画もドラマのように じわじわ積み上げて行きたいです。
  扶余でもさらに田舎で育ちました。
  1日にバスが5本しか通らない町です。
  そこから ここまで辿り着きました。
  だから私の信条は“急がば回れ”です。

映画俳優としてのパク・シフは始まったばかりダス。
ゆっくりでも、一歩ずつ着実に歩んで行きませう



私ごとでバタバタしてまして (毎度のこと?  )
上げたいネタが溜まりにたまっておりますが
とりあえず、1つずつイキます

『私が殺人犯だ』公開を前にして、
シフ君が い~~~っぱいインタビュー受けてますが、
記事については本家ブログにUPしたので、
コチラには、本家にもUP出来なかった画像も含め、
以前の その1 の続きで、バンバン写真 貼っていきます

2410261

2410262

2410263

2410264

2410265

あんなに多社からインタビュー受けてる割りに、
ドコもカシコも似たような質問ばかりで  
もっと気の利いたこと聞けんのかい と呆れつつも、
中には「へぇ~~~ 」と、
初めて聞く話しがいくつかありました

たとえば…
最初からパク・シフをゲーメーにしてたのではなく、
6年ほどは本名のパク・ピョンホで活動していたらしいっす。
当時は仕事がほとんどなく  つまりは全く売れず
そうこうするうち、今のゲーメーに変わったそうですが、
(姓名判断してもらったわけではないと思うけど)
施しの厚い人=施厚(シフ)に変えた頃から、
役者として少しずつ花開き始めたみたいデスな

以前、4年つきあった彼女がいたけど、
デビューして自然消滅したんだそうな。。。
(きっとその彼女、今頃後悔してるやろうな~
シフ君は「1度つきあうと長いです。
1度燃え上がると手のほどこしようがない」と言うてます。
なのに、最近はそこまで夢中になれる人と出会えないと嘆いてたワ。
なんなら 我と恋愛お試し期間 もうけてみませんか?

シフ君と付き合うためには…
毎日、漢江を1時間半程 歩くそうなので、
偶然装ってバッタリ出会って近付いてみようかな…
それとも、お酒が弱いのは有名だけど、
ワインは 半分飲んだだけで気絶するらしいので、
…寝込み襲うチャンスやな  

今回、一番驚いたのは…
2006年に映画主演のオファーを受けて撮影に入ったのに、
製作が失敗し、ボツになってしまった。。。
(その幻のフィルム、今もあるなら見せて欲しいワ
その後、やっと2009年に映画の話しが飛び込み、
「ハンマーで殺す犯人役」と、
マネージャーから聞いて期待した翌日、
「ハ・ジョンウに決まった」と ボツになった
そうです、『チェイサー』です

…そりゃ、当時のシフ君では、
ジョンウさんには負けるけど  
惜しぃ、惜しかった、惜し過ぎますぅぅぅ
んが、そん時の悔しさがあるから今があるのダ!
きっと『私が殺人犯だ』では炸裂の体当たり演技をしたんでしょう!
ジョンウ氏を選んだ当時の制作陣が『私が~』を見て、
「あん時、パク・シフにしときゃぁ良かったか?」
そう後悔することを祈ります。。。

2410266

2410267

2410269

24102610

24102611

24102612



『私が殺人犯だ』のキャラクター映像見てたら…
シフ君をイジりたくなりました。
…やると思った?グハハ

24102013
     謝罪しに来たのに この態度…
     生意気で こ憎たらしい奴です。
     ハマリ役かもしれん。。。

24102014

24102015
     プルン~と揺れる唇。。。

24102016
     撃たれたドォーーーーーーーー
     一面トップの大ニュースになるガナ

24102017
     意外に…シツコイ奴です

24102018
     ヤル時は徹底して、とことんダス


『私が殺人犯だ』のキャラクター映像がUPされました~



なに言うてるのかは???ですが
とりあえず…シフ君のとこ キャプっときます

2410201

2410202

2410203

2410204

2410205

2410206

2410207

2410208

2410209

24102010

24102011
24102012




シフ君がバラエティ番組&ラジオに出演するデス
デビュー以来 初めての単独トークショー出演です!

まずは…
19日夜、SBS「ヒーリングキャンプ」の作家とミーティングをし、
24日に収録、来月12日頃 放送予定らしいです。
さらに、来週早々 SBSラジオ「2時脱出カルトショー」に参加して、
ラジオでファンと交流するそうです  

「バラエティ感がなくて心配だ」と本人は言ってますが、
映画『私が殺人犯だ』の宣伝を兼ねての出演なので、
苦手なトーク番組であっても頑張ってるのは、
そんだけ映画に賭けてる!ってことなんですナ。
今回の映画を通して、挑戦すること、得るもの、
たくさんありますナ~

24102052

以前出演した「人生劇場」や「ハッピートゥゲザー」と違って、
今回はシフ君のみの出演やし、
最近、韓流スターとして人気上昇 しっぱなしなので、
MCが意地悪して痛いとこ突っついてくるかもしれんけど、
どう対応するのか…楽しみだったりもします。

人生劇場
24102053

ハッピートゥゲザー
24102054


「ヒーリングキャンプ」と言えば…
先日、偶然チェ・ジウ出演の回を見ました。
彼女は何の苦労もなくスターダムにのし上がった人、
そう思っていたのですが…
新人の頃、初主演となる映画『帰天図』が決まり、
ポスターを撮り、メディアにも紹介され、親戚中にお祝いもされ、
いよいよ撮影が始まったある日、
演技力の問題で突如降板させられたそうです。。。

この話題に入るまでのチェ・ジウは、
「ヒーリングキャンプ」MCの1人であるハン・ヘジン達と
ジウ姫のイメージを捨て、素の自分をさらけ出し、
と~っても楽しく話していたのに、
当時を思い出してしまい、悔し涙流してましたワ。。。

…ヒドイ話しだよね。
大根だった彼女にも問題あるけど
それを分かってて抜擢した側にも責任あるジャン

24102051

さらに、「美しき日々」の映像が流れると、
「シルチャンニム(室長)」のことを
彼女が「シルタンニム」と連呼するシーンが映り…、
10年も前から発音を指摘され続けている彼女としては、
“またか…”ってな顔をしてはいたけど、
これ、けっこうトラウマになってるらしく、
今でも作品が決まると、まずは音響監督に会って、
「台詞で発音のおかしいところがあったら教えて下さい」
そうお願いしに行っているんだそうな。。。

確かに、「ヒーリングキャンプ」のMC達と話していても、
ハングルの分からない我が聞いてても、
彼女の舌足らずは聞き取りにくかったからネ。。。

そうやそうや、イ・ミスクさん出演の回も見たワ。
サバサバしてて、気持良いくらいズバッ!とモノ言う人なので、
彼女が男だったら間違いなく惚れてたでしょうが
そんな頼もしい彼女であっても、
兵役中の息子さんのビデオレターが流れると、
一気に涙があふれてましたワ。。。

24102055

あぁ…
シフ君も「ヒーリングキャンプ」で泣かされるんやろか。。。




映画公開を前にして、シフ君が各メディアから
インタビュー受けておりますが、
(記事については 本家 にUPしました
しっかし、なんでこう ドコもかしこも
似たような質問しかしないんでしょうネ
答える方も同じことばかり話したくないでしょうに。。。
でも、そのおかげでシフ君の画像がイ~ッパイUPされたので、
嬉しいダス~~~

24101951

24101958

24101959

24101960

24101961

24101952

24101953

24101954

24101955

24101956

24101962

日課となってる朝の連ドラを見てると、
主役のボクが「困った時はトイレに駆け込め!」
と、ヒロインに教えてました。
シフ君の場合、ポーズに困ったら手を口元に!
そう教えられたんでしょうかネ。。。 
今回なんて、17枚の画像の内、9枚っすから(笑)
そうとう手持ち無沙汰だったんでしょうかネ。。。

イベント時での定番ポーズは、
先日ジェヨン氏もマネしてた  コレだけど…
24101669

グラビア等でのお決まりのポーズは、
デビュ~当時から頻繁に見る  コレっすよネ。
24101957
特にコレは ↑ 目線や足の組み方まで、
得意中の得意ポージュですナ。。。



シフ君@寄付

シフ君が故郷の扶余郡に寄付をしたそうです

2410175

10月16日、シフ君は母校の銀山中学校と扶余郡高校に
それぞれ500万ウォンと1000万ウォンの奨学金を寄付し、
さらに、扶余郡の16の町村に、
生活困難な青少年・お年寄りのため
各100万ウォン(計1600万ウォン)も寄付したそうです

扶余郡庁で開かれた寄贈式には、
シフ君のご両親と弟さんが出席されました。

2410171

2410173

2410174

2410172

扶余郡関係者は…
 今回の奨学金寄付は、パク・シフさんが彼の祖父との約束で、
 “成功したら村のためになることをしなさい” 
 と言われていたそうです。
 パク・シフ家は扶余郡一帯でも親孝行一家として有名で、
 故郷のために努力するパク・シフさんに感謝を表します。

20日の扶余郡恩山面で開かれる体育大会にも
シフ君は寄付をされるそうです

多分、今回だけでなく、
継続的に寄付していくんだろうな。
えらいな~~~
…ハラボジとの約束には、
「スクリーンデビューしたら、P子を嫁さんにもらえ」
ってのはなかったんやろかナ。。。



シフ@バスローブ

“苛酷なスクリーンデビュー”と題し、
『私が殺人犯だ』のシフ君がバスローブ姿でUPされてます

2410172

バスローブがはだけたシフ君…
オッサンになったP子は、迷わず覗きこみました。。。

記事には…
 パク・シフは意味深な微笑みと殺気ある冷たい目つきで
 立体的なキャラクターを完ぺきに演じた。
 ロマンチックなキャラクターで
 女心をひきつけた“ブラウン管の皇太子”は、
 既存キャラクターとは正反対に、
 破格的な演技変身を敢行した。

 今回の映画撮影で難度の高いアクションを演じたが、
 最も危険だったカーチェイスシーンの撮影では、
 車のボンネット上でバスローブ1枚でワイヤーに吊るされ、
 時速6~70kmで疾走するアクションシーンを
 代役なしで自身で演じた。
 10日間行なわれたカーチェイスの撮影で、
 時にはワイヤーなしで挑むほど
 アクション魂を発揮した。

2410171

スクリーンデビューにはふさわしい…
いや、それ以上に満足度得られる二面性を秘めた役です
役者として、新たな転機となること間違いなしっす


ハッピ~スマイルな 芸能街中継 シフ君見てたら、
エンドレスで笑ってて ほしくなりました。。。

241016101

241016102

241016103

口あけっぱなしなので アゴ外れそうですし
笑いっぱなしなので、
シフ君のシワが深くなるかもしれませんが
味わい深いシワは表情豊かな証拠でもあります
あぁぁぁ、どれも全て愛すべき顔であります

241016104

241016105

241016106

241016107

241016108


これも定番ポーズ決定? 
241016109



シフ@芸能街中継

13日放送の「芸能街中継」に
シフ君とチョン・ジェヨン氏が出てました~




最初は真面目にシフ君が『私が殺人犯だ』について語ってたのに…

24101651

ジェヨン氏にマイクが向くと爆笑の連続で、
シフ君がズ~~~~~ッと笑ってるから、
ナニ言ってるのかは???でも
こっちまで笑顔になっちゃったワ~
(早くKBSワールドで字幕付き放送しないかな~)

ジェヨン氏は『私が殺人犯だ』でシフ君と共演したことで、
自分も韓流スターになるんじゃないかと、
日本進出を考えてるようです (笑)
んなら、まずは日本語を…ってことで、
挨拶は当然のこと、
「ありがとう」もマスター済みなんだとか

24101652

24101653

24101654

24101655

24101656

MCに「女性のいない映画ですね」と指摘されると、
ジェヨン氏は「シフが全部消ししちゃったからダヨ。
ほれ、ポスターにも“10人殺しました”って書いてあるでしょ。
1人くらい残しておけばよかったのに」
みたいなこと 言って、またまた大笑いさせてます。。。

24101657

24101658

24101659

24101660

話題がシフ君のお決まりポーズになると…
ジェヨン氏が、普通はコウでしょ?と、
シフ君に指導しながらも 定番ポーズをマネしてますが、
本家シフ君にはかないません。。。 
結局、最後は2人して お決まりポーズで締めてました。

24101661

24101662

24101663

24101664

24101665

24101666

24101667

24101668

24101669

シフ君が こんなに心おきなく楽しめるのは、
ジェヨン氏のユーモアと気づかいあってこそ、かな
ジェヨン氏って気さくでエエ人やねぇぇ。
…ヤバッ、惚れちゃいそうだワ~~~



『私が殺人犯だ』の公式サイト 出来ましたネ  
      コチラ

HP開くと、トップページが一瞬クラッシュしたみたく揺れるから、
ビックリするガナ~~~
(これ、何回見ても慣れんワ

2410162

2410163

2410164

2410165

2410161

まだ準備中のページもあるけど、
ギャラリーやメイキングもUPして欲しいし、
最近はイベント流行りだから、
クイズやオークションなんぞも企画するんでしょうかネ~



『私が殺人犯だ』のメイン予告編から、
ティーザー予告編にはなかったシフ君、キャプってしまった。。。

24101551-1

24101552-1
  意外に、ヤ~な奴がとっても似合うシフ君です

24101553-1
  殺人犯なのに アイドル扱いっすか

24101554-1

24101555-1

24101556-1
  お化粧中の殺人犯に、  
  「お前は芸能人か!」と刑事が言うと、
  「韓流スターのパク・シフじゃ!」と言い返してたワ(ウソです ) 

24101557-1

24101558-1
   監督ーーーーーーーーーー
   天下のシフ様に こんなシドイこと させんといてぇ

24101559-1

24101560-1

24101561-1

24101562-1
  シフ君の低い声で囁かれると、
  ゾクゾクして…チビリそうです
  この映画観る時は、パンパース着用しませう

24101563-1

24101564-1

24101565-1
  最後は逃げ切れるんやろか。。。
  予告編見てるだけでハラハラドキドキしちゃいますガナ


 今回一番の見せ場は…
   やっぱ  コレか?
24101566

ったく…
キレイなシフ君の顔にナンてことするダァァァ
(だったら繰り返し何度も見せるなって?
インタビューでシフ君が
「思いっきりジャジャ麺投げられた~!
 めった痛かったドォ 」と、言うてましたが、
「検事プリンセス」では ヘリがトマトぶっかけられてたけど、
ジャジャ麺とトマト…ドッチが良い?


『私が殺人犯だ』メイン予告編が公開されました!
先に公開されたティーザー予告編より40秒も長いっす!



時効後、再会した2人の対決は 次第に極限に達し、
緊張感を倍増させます。
そして、世間に知られてない未解決失踪事件の転末が
徐々に公開され、
“チョン・スヨン、なぜ死んだと思う?”
と、意味深な言葉が続き、
今後繰り広げられる展開に刺激を与えます。

特に今回の予告編では、
あくどい刑事に扮したチョン・ジェヨンの荒いアクションと、
善と悪の両面性を完ぺきに演じたしたシフ君の
破格的な変身で期待感を引き上げています

さらに、忠武路アクション ルーキーである
チョン・ビョンギル監督の格別なアクション感覚が
引き立って見えるワンシーン ワンテイクの追撃シーンと、
すさまじいカーチェイスの場面は、
リアル アクションの真髄を実感させ、興奮させられます。




『私が殺人犯だ』メインポスターが公開されました~

2410151

対照的な2人の表情がポイントです
チョン・ジェヨン氏は ガン飛ばして睨みつけておりますが、
シフ君は薄ら笑いを浮かべ、余裕かましてます。。。
それに、韓流スター パク・シフ様なので、
スポットライト 浴びてます~

刑事役であるジェヨン氏は、
連続殺人犯であるシフ君の耳元で
「お前が勝ったように思ってるだろう」と
宣戦布告であります
この先、2人の対決は どうなるんだろう~。



『私が殺人犯だ』制作発表の動画デス~。

フォトタイム


やっと着席し、各自の紹介から始まります(14:02)


インタビュータイム~(11:26)


続・インタビュータイム~(13:49)



シフ君がインタビュー受けてます。




しきりにジェヨン氏が盛り上げてます。



ありがたいことに、
  イノさんに字幕付きがUPされてました~
  その1  その2  その3




『私が殺人犯だ』の制作発表では、
い~~~~~~~っぱい ある画像の中から、
うふふ中腰 などなど、
我的に受けるシフ君が沢山ありましたが…
それ以外にも、お気に入り(?)がいくつかあったのダス
…まぁ、見ようによっては ヘン顔だったり
シフ君が時々見せるクセ顔だったりするのですが。。。

241014101
241014104
   思いっきり笑うと…けっこう間口広いよネ(笑)   
   それより、目尻のシワがクッキリ際立ってしまいます。。。
   だからジェヨン氏に「意外にトシくってた」
   な~んて言われたんかな?

241014110
   フラッシュ浴び過ぎて眩しいのでしょうか?
   それとも、上目使いでアジュンマいちころ作戦なのか?

241014109
   やっぱ、橋幸夫に似てる。。。
   ってか、「潮来笠」真似てる ぼんちおさむみたい?

241014105
   この口の動かし方(特に下唇)ヨク見るよネ~

241014107
   唇を突き出したシフ君もヨク見ます。
   …このまま吸いつかれたい グハハ

241014103
241014102
   顔は赤くないから…飲んでないよネ?
   目がイッチャってるんですけど。。。

241014106
   これ  たまりまシェン
   こんな顔でスネられたら…通報したくなります(笑)
   ナニされても拒めなくなっちゃうジャ~~~ン

241014108
   矯正したの?ってくらい歯並びキレイだよネ
   歯の裏までマッチロだし~~~



イノさんの『私が殺人犯だ』制作発表ネタより、
シフ君たちの画像 UPします

24101451

24101452

24101453

24101454

24101455

24101456

24101457

24101458



朝鮮さんの『私が殺人犯だ』制作発表から
シフ君たちの画像「その2」 いきます~

24101414

24101415

24101416

24101417

24101418

24101419

24101420

24101421

24101422

24101423

24101425

24101426

24101427

24101428

24101429

24101430

24101431


朝鮮さんの『私が殺人犯だ』制作発表から
シフ君たちの画像「その1」 UPします。

韓国の各メディアさんも沢山写真をUPしてくれてるけど、
朝鮮さんって、いつも画像キレイだし、
カメラマンが良い表情捉えてくれるので、
ココの写真は どぁい好きデス

2410141

2410142

2410143

2410144

2410145

2410146

2410147

2410148

2410149

24101410

24101411

24101412

24101413




| Top | Next»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。