2011.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012.02

シフ@郵便局2

シフくんが出演するもう1本の郵便局CMですが、
こちらは…おいおいおい ってな内容です。
郵便局とはあんまし関係ないシーンもあります  




最近のシフ君は夫婦役が増えてきましたナ。
そうゆうお年頃だから仕方ないのでしょうが、
コレの続編ができたら、今度はお子チャマ連れで、
子供のために貯金通帳を作る設定となるんでしょうナ。。。

親しみ感じる韓流スター様ってなイメージは
ポイント高くて嬉しいけど、
行き過ぎて所帯染みた雰囲気だけは持たせないで下さい…グハハ

24013021
24013022
24013023
24013024
24013025
24013026
24013027
24013028
24013029
24013030
24013031
24013032

ラブラブモードは悔しいので、
ゴロゴロ亭主にしてみました
24013033


シフ@郵便局1

シフ君が郵便局のCMに出ております  
2編ありますが、
内 1編は出番は少ないけど、
大事な人のために…と、
模範生的な郵便局CMなので安心して見ていられます。





2401301
2401302
2401303
2401304
2301305
2301306

シフ君はお堅い郵便局員風ですが、
こんな人が窓口にいたら、
今後はメール便じゃなく、郵便局から送るのにナ。。。

2401307

あっ、まだお年玉付き年賀状の当たりを
チェックしてなかった!
あとで見なきゃ


26日、ソウルCGV往十里で
映画『犯罪との戦争』のVIP試写会があった。
シフ君も出席しておりました

2401274

2401275

2401273-1

2301271

     2401272

2401276

2401277

2401278

2401279

今までのシフ君なら、一観客として気楽に映画鑑賞してたんでしょうが、
現在『私が殺人犯だ』撮影中の身としては、
この日は試写される立場になって鑑賞したんでしょうかネ。


この映画、チェ・ミンシク氏も出演とあってか、
次回『新世界』で共演予定のファン・ジョンミン氏も来ておりました。
…んなら、同じく共演する我ジョンジェ君はなして来なかったんだろ?
例の誤報でゴタついてるから マスコミ避けてるんでしょうかネ?

24012713




ここんとこグッと寒い日が続いておりますが、
シフ君は既にPATの春バージョンを撮影をしてるようですネ
先日、PATのツイに撮影風景がUPされてましたワ。

いよいよ公開されたパク・シフさんの姿!
わんぱくなパートナーと楽しいカット。
24012712

撮影中、少し休憩しているパク・シフさん。
今日の撮影もパク・シフさんだけの魅力が一杯~~^^
24012710

様々な魅力を持つパク・シフさん、
PATとパク・シフさん、いっぱい愛して下さい^^
24012711

PATのHPはまだ冬バージョンだけど、
二の腕露出の半袖姿が見たいから、
早く春バージョンになって欲しいナ~~~


…ジョンジェのクロコはいつ春バージョンになるんだろ。
その前に、春も継続してジョンジェがモデルだよネ?


20日のMBN「The Duet」はリアル視聴をリタイアしたので
ヒョヌ君の歌 ↓ コチラで聞いてきました。。。

정말 사랑했을까(本当に愛していたのだろうか)」



ペアを組んだイ・ヘリ@Davichiに随分助けられてる感はするけど
役者なのにこんだけ歌えるのはスゴイんとちゃう?
…欲を言えば、もう少し高音の練習と肺活量つければ
今後も十分ミュージカルやっていけると思うワ~~~

2401251
2401252
2401253
  出だしはなかなか好調でした

2401254
2401255
2401256
2401257
2401258
2401259
24012510
  自分のパートが終わるとホッとする反面、
  手持ち無沙汰になって落ち着きがありません~

24012511
24012512
24012513
24012514
24012515
24012521
24012522
24012523
  高音になると非常に苦しそうです。
  ここらへん、半音足りないのが惜しい。。。

24012524
24012525
24012521
24012522

最後の最後は気が抜けた音になってたけど   
出来はどうあれ とりあえず終わって初めてヒョヌ君に笑顔が~~~。
我はキンチョーしたせいか手のひらに汗かいわワ

24012523
しっとり歌い終わった後、
うっすら右目から開けるのがポイントです、グハハ。

ヒョヌ君のスタイリストさんて、
毎回、な~んかセンスがイマイチな気がする
もぅチィと彼の体型やTPOを気遣って欲しいナ



シフ君@ツイ 12.01.20

1月20日のシフ君ツイ

240121-01202.jpg
         明けましておめでごうございます

240121-01201-1

240121-01203-1

240121-01204-1

240121-01205-1

240121-01206

240121-01207


シフ@SURE2月号

SURE 2月号にシフ君が掲載されてました~~~  

2401201

2401202

2401204
  某軍ちゃんみたく、上下がっつりのアイラインはシロヨ。
  無理して目を強調しなくても、
  涼し気な切れ長一重王子のシフ君が好きだから。。。 

SUREまるまる翻訳~

俳優の顔は一つではない。
変化に乏しいのは魅力がない。
始めからパク・シフは変身を急がなかった。
しかし、その時が来たのだろうか。チャンスが来た。
以前と違い、今の彼は闇に近い人物を演じている。
変身することにも慣れて来た。

写真撮影を7回残して会ったパク・シフは、
目じりにアイラインを素早く描くよう頼んでいた。
わざわざ描かなくても鮮やかな目つきを持っているが、
今は黒いラインのない目では何となく寂しく見えると言う。

ドラマ「王女の男」が終わるやいなや、
その二日後、撮影に入った映画『私が殺人犯だ』で、
パク・シフは殺人犯の役を受け持った。
殺人犯ではあるが、陰で暮らす通常の悪人とは
正反対の状況を導くキャラクターだ。

過去に犯した殺人の時効が終わり、
大胆な殺人犯は自身の犯行ストーリーを小説にして発表し、
その作品がベストセラーにまでなる。
ハンサムで完ぺきを追求する人物。
こうして昨年の冬、撮影スケジュールは彼を忙しくした。

初めての映画、初めての監督がアクションスクール出身のため、
撮影はずっと際どいアクションシーンだ。
完ぺきな水着シーンのため、
なめらかに鍛えられた筋肉をリリースしたりもした。
また年が開ける時、「王女の男」で最優秀演技者賞を
受けるという鼓舞的なこともあった。
おかげで受賞直後、日本では彼を表紙にした雑誌が
非常に多いというニュースも聞いた。
なかなか良い出だしだ。

2401203

2401205

2401206
 これはどうゆうコンセプトなんでしょうか
 仕事を終え、窮屈なジーンズを脱ぎ、
 寛いだところで我を電話で呼び出そうとしてるのか?
 …きゃ、柄パン剥きだしでナニしようってぇの~~~



ヒョヌ@VOGUE GIRL

「VOGUE GIRL」1月号にヒョヌ君が掲載されてました~。
    コチラ

インタビュ~をP子流に 訳してみます

24011921


VG : “さざえ頭”の集賢殿学士ソン・サンムンと向かい合って
  座っていると なぜか笑える。
  最近、史劇とシットコムの撮影を併行しているが大変じゃない?
  ※ さざえ頭 = 소라머리(ソラモリ)
    소라は巻き貝、 머리は頭なので、
    クルクル巻かれたヘアスタイルを指すみたいっす。
    ちなみに、「花より男子」のク・ジュンピョは“ソラパンモリ”。
    つまり、巻貝みたいなパン…コロネヘアってこと?

ヒョヌ : 史劇を撮ってから現代劇を撮るのは問題がある。
  額に出きた網巾の跡が数時間過ぎても消えないから。

VG : 実際、ソン・サンムンの顔は本当に…

ヒョヌ : 素晴らしいでしょ?
  ひょっとすると、ソン・サンムン先生も幼い頃はハンサムで、
  学問に熱中していたからそうなったのかも。

VG : 「パスタ」の海外派・花美男3人組から、「根深い木」の集賢殿F4まで、
  いつも花という修飾語がつく。

ヒョヌ : それが本当に負担になる。
  私はFが嫌いだ。 F単位のようで。
  私は美男なのか?本当にこういう話は勝手が悪くて泣けてくる。

VG : 鏡を見ながら満足な時もあるのでは?

ヒョヌ : “肌にトラブルがある”と思うくらい。
  それに、私の部屋の鏡はタンスだけ、それも隈にある。

VG : 全身?

ヒョヌ : いいえ、全身は映らない。

VG : あまりにも背が高いから?

ヒョヌ : いいえ、鏡が小さいだけ。
  どうかそういう話し、しないで下さい。

VG : 背はいつ伸びた?

ヒョヌ : 入軍前は179cmだったが、出る時は182cmになった。

VG : 映画『サンファジョム』でデビューしたが、
  ソン・ジュンギ、ノ・ミヌ、ト・イェソンなど、
  親衛隊・乾竜衛出身の花美男な新人俳優の中で
  特に気になる人は誰?

ヒョヌ : 皆が成功すれば良い。
  ライバル意識を感じる必要があるのか。
  彼らは今から軍隊に行っちゃうのに(笑)

間髪いれないセンスある受け答え、ナイスです  
(こうゆう事がサラッと言えるのは賢いからでしょうか)
キミが兵役済ませてたこと、マジ感謝してます~~~  

VG : ヒョヌには史劇は似合わないと思った。 ところが意外によく似合った。

ヒョヌ : 必死に練習し、悩みもしたが、史劇の口調は容易ではない。
  “ネ(はい)”、“アニョ(いいえ)”は本当に簡単ですが、
  “クロッチヨ(そうです)”、“アニムニダ(違います)”
  と、言わなくてはいけないから。
  多くの新人もそうでしょうが、
  画面に映る私の姿を見ると気が狂いそうです。
  なぜああなってしまうのかと思うと。

VG : どんな部分が一番気になる?
  子供のように袖の端をつかんで立っていたり、
  小走りするソン・サンムンは とっても可愛かったのに?

ヒョヌ : 悪い姿勢が目につく。
  袖は、とても寒かったので思わず端をつかんだわけで、
  小走りはいつもの自分の歩き方なんです。

VG : 女官を見下ろすのは背が高いから?

ヒョヌ : スヒョクとは(ユンピョン役)会わないけど、
  ジヌン先輩(ムヒョル役)以外はほとんど見下ろす。
  王様(ハン・ソッキュ)も見下ろす状況だ。

VG : 自分のチャームポイントは何だと思う?
  容貌にも自信があるから高校の時、演技学校に行ったの?

ヒョヌ : 穏やかな声。
  二重ではないのに大きな目?
  最近あまりない目だから。
  二重の線は幼い頃、姉が“アイチャム”を付けて出来ました。
  ※ アイチャム:アイプチと違って、
    テープに糊が付いているものを瞼に付け、
    二重の形を作るものらしい。

ヒョヌ君の声って低くて聞き取りやすいのよネ~
(可愛い顔してるのに、各部位は(笑)ナムジャらしいのがチャア
やっぱ一番の魅力はプクプクの涙袋っしょ




ヒョヌ@The Duet

明日(20日)23時放送のMBN「The Duet」に
ヒョヌ君が出るそうデス~~~

2401192
   髪を束ねたヒョヌ君…ポイント高いっす

この番組は国内有数の作曲家6人が
トップクラスの俳優&歌手 各6人をデュエットさせ、
さらに各チームを競わせるってな企画らしい

ヒョヌ君はそのトップクラスの役者に抜擢されたけど(笑)
驚くのはデュエットのお相手なのダ。
なんと、Davichiのイ・ヘリときたーーーーーっ
以前、KBSの「不朽の名曲2」でも
ヒョヌ君はシスターのヒョリンとデュエットしたけど、
どちらもk-pop女子の部では1、2を争うンマイお嬢達。
こうゆう子達の相手にヒョヌ君が選ばれるってことは、
歌の実力を認められたってことなんだろうナ。。。
(一応 元アイドル?歌手だし、 
 一応 ミュージカル出てるし。。。)

それにしても最近は「私は歌手だ」も含め、
アイドルからベテランまで、プロのオーディション番組系が多いよネ~。
歌唱力に自信ないと出れないけど、
なんで日本はコレやらないんだろ。。。

2401191
       着込んでるせい?珍しくポチャッと見える。。。

この番組…特記すべきはヒョヌ君の選曲なのヨ
(正しくはファン・チャニPDのセレクトなんですが…
我のどぁい好きなBrownEyedSoulの中から、
정말 사랑했을까(本当に愛していたのだろうか)」を歌うのヨ  
こりゃ1粒で2度マシッソヨ~

ヒョヌ君のライバルとなる5組は…
ソ・ユジン&ソ・ヨンウン、オム・ギジュン&イ・セジュン、
コン・ヒョンジュ&マイティマウス、イム・ジョンウン&イジョン、
パク・コニョン&カン・ミンギョン(Davichi)。

個人的には最後のコニョン氏たちを聞きたいわ~。
相手のミンギョンはヒョヌ君の相方イ・ヘリと同じDavichiだからネ~。

2401193


番組サイト内に予告編がUPされてた。
    コチラ


某サイトにもUPされてたので貼っときます。



2401194
2401195
2401196
2401197
2401198
2401199




2401181-1

今日はヒョヌ君のお誕生日デス
ここ1年、ドラマやMCで大活躍でしたが、
今年は役者として さらに飛躍して欲しいっす
んが、忙しすぎて睡眠不足にならないよう、
時間をみつけ、体も心もお肌も ユックリ休ませてあげてネ






ドラゴン ヒョヌ君

ココや本家ブログでは、ジョンジェ&シフ君で
新年のご挨拶をさせて頂きましたが、
我ナムジャ達のマンネであるヒョヌ君は、
今年まだ1度も登場してないわネ。。。
新年も既に1週間以上過ぎてしまいましたが…
皆様、今年もヒョヌ君を可愛がって下さいマセ。
ヨロPクです


2401083-1

お股で輝く大きな福。。。
それはドコに活用し、どんな効果をもたらすんでしょ。。。 


本家では愛する殿たちにドラゴンを着ぐるみさせ、
「笑点」の大喜利みたくしてみました~。
      コチラ


ドラゴン シフ君

本家では、愛する殿たちにドラゴンを着ぐるみさせ、
「笑点」の大喜利みたく してみましたが、
       コチラ
こちら分家ではピンで勝負(?)でごジャいます。

2401082-1


ジョンジェをアガシに扮装させるとキモ可愛くなりますが、
(キモ怖いが正しい?
シフ君は女形できるくらいキレ~ ですワ。





ドラゴン JJ

愛する殿たちにドラゴンを着ぐるみさせ、
本家にUPしてみました。
     コチラ

本家では「笑点」の大喜利みたくなってしまったので
コチラではピンの落語家・李政宰にしてみました


2401081-1


こうゆう寄席があったら行ってみたいワ~


シフ@謹賀新年

新年も既に3日目ですが…
皆さま、明けましておめでとうごジャいます。
今年も主旨が定まらない当ブログかと思いますが
懲りずにお付き合いのほどヨロシクであります

本家 はジョンジェで新年のご挨拶をさせて頂いたので、
こちら分家はシフ君にて… 。

2401021-1



先日ご紹介した衛星さんのサイトで、
シフ君が新年早々「王女の男」営業 しております。
1月15日からドラマ放送開始なので、
ご覧になれる環境の皆さま、ヨロシクお願いします

2401022




シフ@KBS 授賞式

2011年のKBS演技大賞は「ブレーン」のシン・ハギュンが受賞

「ブレーン」は視聴率的にチィとだけ大賞に及ばず心配されましたが
それ以上にハギュン氏の演技力が優れていたため、
受賞に繋がったってことです

シフ君も大賞の有力候補にあがってました。
ここ最近(「逆転の女王」から?)演技がウマクなってきたし  
さらに、「王女の男」は今年センセーションを起こしわけなので、
シフ君と共演のムン・チェウォンは大賞は逃したものの、
キャリアは短くとも、男女・最優秀演技賞を頂きました

24010251

24010253

当日はOSTの女王ペク・ジヨンが
「王女の男」の挿入歌「今日も愛してる」を披露。
シフ君達はステージに見入ってましたが、
暑く、辛く、そして楽しかった撮影を思い出してるんでしょうかネ。
ジヨン嬢曰く…
  7月から10月まで放映された「王女の男」は、
  OST「今日も愛している」が今も愛されているので、
  キャストやスタッフへの感謝の気持ちを込め、
  演技大賞2部のオープニングのお祝いとしました。

240102515
240102516

最優秀演技賞を受賞したシフ君は感激で震えながら…
  「王女の男」に出会えたのは幸運でした。
  また、大きい賞まで頂けて光栄です。
  撮影のたび、私を指導して下さったイ・スンジェ先輩、
  キム・ ヨンチョル先輩、本当にありがとうございます。
  (さらにドラマ製作スタッフの名前を挙げる)
  名作ドラマを作ったスタッフとキャスト全員に感謝します。
  今年は自ら役者として目標にしたことに一歩近付けました。
  今後もその目標に向かって一歩一歩近付ける、
  底力のある役者になります。
  私の一番の宝物であるファンと喜びを分かち合いたい。
シフ君はスピーチしながら目頭を赤くし、
涙声で言葉が続かない場面も。。。  

24010259
24010210
240102511
240102512
240102513
240102514

シフ君は正直に受賞を「少しだけ予想した」と言ってたけど、
ムン・チェウォンは「予想外だった」と申しております。
彼女は受賞発表で自分の名前を呼ばれると同時に両手で顔を覆い、感激…。
シフ君が優しく “ いい子 いい子 ” してます。。。

24010256
24010257
24010258

チェウォンのスピーチ…
  本当に感謝します。
  一生懸命演じるのは当然なので受賞は考えられなかった。
  「王女の男」は話題性もあったし、
  完成度も高かったので、ここ立てて幸せです。
  でも、自分自身の足りなさを知りました。
  現場に出かけるのは毎日戦いに行くようでした。
  演技しながら得たのは、
  私は毎日戦い、この戦いを本当に愛しているってこと。
  この戦いと生きながら、一番愛する戦いなんだ、と。
  気持ちが揺れる時も私を最後まで信じて応援して下さった
  監督と先輩に感謝します。
  俳優の皆さんにも感謝します。
  私は多くの責任を感じながら私の役を愛しました。
  この役を誰よりも愛してます。
予想外だったわりに、えらくスピーチ長いし、
しっかりコメントをインプットしてきた感じがします。。。

さらに2人はベスト カップル賞&人気賞も受賞  
これで「王女の男」は名実共に
2011年最高のドラマであることを立証しました

んが…、カップルと人気賞は共同受賞なので、
他にも受賞した人が大勢いるんだよネ
ちなみに…
 ベストカップル賞
 パク・シフ&ムン・チェウォン(「王女の男」)
 イ・ミヌ&ホン・スヒョン (「王女の男」)
 シン・ハギュン&チェ・ジョンウォン (「ブレイン」)
 キム・スヒョン&スジ (「ドリームハイ」)
 リュ・スヨン&チェ・ジョンユン (「烏鵲橋の兄弟たち」)

 人気賞
 パク・シフ (「王女の男」)
 ムン・チェウォン (「王女の男」)
 キム・スヒョン (「ドリームハイ」)
 ハン・ヘジン (「いばらの鳥」)

韓国って共同受賞が多いけど、
これってノミネート候補とどう違うん?
なんでこん中から1等賞を決めないんだ?
(以前どっかの局では大賞ですら共同受賞だったし…
賞を頂けるのは誰しも嬉しいことだけど、
重みを感じないのは我だけか?

人気賞を受賞したシフ君は…
  人気賞だからなのか より一層緊張します。
  この賞を私に与えるため、
  気をもんで投票したファンに感謝します。
  真心込めて演じる役者になります。

24010252

24010254

24010255

シフ君、3冠王おめでと~~~  
良い作品に恵まれた、ってだけじゃ皆は見てくれません。
シフ君の努力で役を生かしたからこそ、
「王女の男」は良い評価を得たんだと思うワ~
これからも向上心を持って、
作家さんが「これはパク・シフじゃなきゃ演じれない!」
そう言わせる役者になって下さい


31日午後、KBSホール(汝矣島)で
KBS演技大賞の授賞式がありました。
シフ君もレッドカーペットに登場です~。

2401011

2401012

2401013

2401014

2401015

2401016

2401017

2401018

2401019

24010110




| Top |