2010.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2010.05

シャワ~@検プリ10話

コチラの記事によると、「検事プリンセス」10話で、
シフ君がシャワーシーン撮ったと言うじゃないか

2204301-1 2204302-1

2204303-1 2204304-1

この画像見ちまったら、朝から我慢出来ず、
まだ9話を見てないってのに、先に10話を見た
んが、冒頭からシフ君の美しい涙 は見れるし…
この回、お宝映像満載かも~~~

ってことで、シャワーシーンも含め…
2分ほど、ココに保存したく思います




シフ君は、ヘリ嬢への想いで胸が張りさけそうで、
前日はシコタマお酒 飲んで
気持ちを抑えようとしてるのに、
堪え切れずに男泣きしちまうんだナ…。
んで翌朝、二日酔いの頭をスッキリさせようと、
シャワールームに向かい、服を脱ぎかけた時、
ヘリ嬢が訪ねて来るのサ。
(ここ、シャワーシーンよりドキドキした
2204305
2204306

シフ君の気持ちなんてナ~ンも知らない彼女は、
いつもみたく「大丈夫?」とフツーに声かけてくるダヨ。
彼女への愛と必死に葛藤中であるシフ君は、
もぅ忘れたいのに、会いたくないのに…
なのに彼女の笑顔は眩し過ぎて、まっすぐ見れない…  
2204307
2204308

想いを断ち切り、全て洗い流してしまおうと思っても、
ど~~~うしても彼女のことばかり考えちゃうんだナ
2204309
22043010
22043011
22043012

彼女をフッ切るため、シャワーを浴びる…
ってなシーン、毎回作って欲しいな~~~
そしたら「水戸黄門」の由美かおる入浴シーンみたいに
視聴率上がるかもヨ~笑
22043013
22043014
22043015
22043016

「家門の栄光」シャワーシーンより逞しくなった気がするし、
それにシフ君は…ほんまキレイ
以前にもまして美人になってしまったワ。

さてさて、ここからの回は、
我が愛して止まない“苦悩シフ顔”が見れるかも…、
と思うと、目からヨダレ出そうですガナ~ ウシシ


フン様SP

『下女』のキャラクター映像第2弾は、
フン様SPでした~




ジョンジェから見たフン像…
 あらゆる物を全て持ち、自信あふれる力の論理と、
 世の中の流れをとてもよく知っている男だ。
 表現はいつもナイスだが、
 その中に誰かを見下ろす心を持っている。


ジョンジェがアボジ役かぁ…
年齢的にはチィっともおかしくないので、
今後は家庭を持った役が回ってくるかもしれんけど、
まだチョット我は受け入れたくないかも…
2204291
2204292

今回はワイン漬 の贅沢三昧な殿役だから、
ムキムキ に体を鍛える必要はないわけなので、
もっとお腹を膨らませて 貫録付けても良かったかも…
2204293
2204297

ワイン受け取る時も、決してウニ子から目を離さないフン様…。
んが、一瞬、フッと視線落として笑うのがヤラシ~~~
2204298

緊張感が張り詰める中…
んでも撮影は楽しそうダス
2204294


紳士な面と卑劣さを持つキャラクターに対し…、
 そういう点で、さらに一層悪い男のようだ。
 初めてシナリオを見た時、とても強いキャラクターだと思った。
 悪党ではないようながらも、
 最高の悪党に見せなければならなかった。
 こういう役割をすれば観客らがどう思うのか
 心配になったりもしたが、熱心に挑んだ。


階段を上ろうとして何か思い出したのか、
ウニ子を振り返って「おいで、おいで」するダヨ。
まるで子供を呼ぶみたいに…。
思いっきり上から目線で良いので、
我もフン様の言いなりになってみたい…
2204296

監督が「指先を…、ピアニストみたいに…」
と、何やら指示してる…のかな?
2204299

今はジャージ着てるけど、
これ…本編ではツルッと脱いじゃうのでしょうか?
22042910

今までの映像では、ウニ子に言い寄ってるのかと思ったら、
これ、ヘラ母だったのネ
フン様って、ヨジャなら老若問わず、見境なく手を出しちゃうのか?
22042912

ハル子@トリプルに続き、今回はヘラ子にまで…
ジョンジェって、アガシが唇 奪いたくなるアジョッシNo.1かも~
22042913

「なんでこのオレ様が助演なんダ
と、怒ってるわけではございません…
22042915


JJ@インタビュー前

今日の午後、ジョンジェが『下女』に関して
インタビューを受けたらしく、
画像はこ~んなにUPされてるのに、
肝心のインタビューは…いつUPされるんだヨォ

22042814

2204286-1 2204285-1 

2204284-1 2204283-1 

2204287-1 2204288-1

2204289-1

22042810-1

22042811-1

22042813-1

22042812-1



ジョンジェ君、本日のボヤキは…
「ドンゴンに速度違反は似合わない」
(このボヤキ、シリーズ化して欲しいナ~~~
  ※ちなみに、韓国では、
   「出来ちゃった婚」のことを「速度違反」と言うらしい。

2204281
 
以前、ドンちゃんと『タイフーン』で共演した時、
ジョンジェは彼のことを、
誠実で優しくて人への気配りが出来る人、と絶賛し、
なので今回ドンちゃんが速度違反しちゃった事が、
常に静かで真面目な彼の性格には似合わない、
と、苦笑いしたそうな。
(結婚も子供も先越され、かなり悔しかったのでしょうか…

でも、これはドンちゃん1人がやってのけた事ではなく、
美人なソヨンさんにモーションかけられた日にゃ、
あれヨあれヨと加速つきまくったドンちゃんとしては、
途中でブレーキかけるなんて高等な技…
出来っこないわナ

ジョンジェ君は…、
日頃アンジェンベルトをキツク絞め過ぎなんでしょうかネ。
でも、我以外のヨジャと事故っちゃわないためにも、
今後もベルトを緩めちゃアンデヨ~!

2204282

5月2日17時~、新羅ホテルでのドン兄達の結婚式には
ウソンと一緒にJJも出席するらしいので、
ぼやきスピーチするのかな?
それともウソンと2人で「てんとう虫のサンバ」歌うのかな?
(選曲、古過ぎ?


下女>JJ

今更なネタではありますが
下女2人のパワーに負けそ~で、口数少ないジョンジュだったので
ココにも保管しておきます。






「ドンゴンは、彼女がいないって寂しがってたのに…」
と、ジョンジェがコチラの記事でボヤイてます

2204272

ドン兄&ソヨンさんと10年来の友であるJJは、
彼女ができないと言ってたドン兄が、
ソヨンさんと極秘で恋愛&結婚する姿を見て、
裏切りを感じたんだそうな。。。笑

「2人をよく知ってるつもりだったのに、
 結婚の記事を見て本当に驚いた。
 誰にも知られず交際していた事実に驚き、
 一方で、独身男性がだんだんいなくなっているという事実に
 相対的な圧迫感も感じる」
と、笑ったそうだけど、本当は泣きたい気分なのでしょうナ

最近、『下女』公開前でインタビューを受ける機会が多く、
その都度、結婚の質問ばかりされ、
ストレス指数が高くなった、とため息まで出る始末…

んでも、一応 ドンちゃんに メッセージは残しておりまして、
「二人は、お互い長く見守りながら、幸せに暮らすだろう。
 特にソヨンさんはドンゴンさんをかいがいしく助け、賢明だ。
 ドンゴンさんも優しくて誠実な花婿候補だから、
 良い家庭を築くでしょう」

さらに、ウソン共々独身でいる寂しさも明らかにしてまして…
「ドンゴンさんは良い酒飲み友達だったが、
 今後は、お酒はチョン・ウソンと飲まなければならないようだ。
 (今までだってズッとウソンと2人で飲んでたんだから、
  ナンも生活は変わらんと思うけど…
 今は彼女もいないし、結婚の計画もない。
 40になる前にはしたいけれど、私にも良い人ができたらいい」

来月お嫁に行くドン兄は
出産 も控えてる身なので、
最近、子供の存在が愛しくなってきたJJとしては、
余計に2人が羨ましいんだろうナ。
んが、ジョンジェ君、絶対に焦るなヨ~~~
残り物には福(P子? )があるんだから、
周りは気にせず、我道を行けーーーっ



2204273
これ ↑ ドンちゃん&ソヨンさんを合成した二世の姿らしいっす。
コチラの記事にUPされてました。
…その割にドッチにも似てない気も。
(ちょっとパク・ヘイルが入ってない?)
リボンしてるから女の子なんでしょうが、
7:3分けの男の子かと思った 

2204271


先にUPした「検事プリンセス」7話のポッポシーンは、
フッ   ブッチュ のトコだけ、
何十回も繰り返し見てしまいましたが
韓ドラでは、「パリ恋」シニャンさんの と同じくらい
大好きな となりました

つ~ことで、40秒のポッポMV  風にし、
何度もリフレインさせてみました




シフ君、この余裕あるキスったら…
いつの間に…
ドコで覚えたんだろ…
誰と練習したんだろ…

以前、コチラで、「完璧な恋人~」でのキスシーンを、
ド下手と言ってしまいましたが、撤回します
…きっとあん時は恋愛経験が足りなかったのでしょうナ。
(んなら、今は経験積んだってことなのか?




昨日、やっと「検事プリンセス」7話を見たら、
ネットで噂になってたあのキス シーンの回だったガナ
んが、これがシフ君とは思えないほど 上手いもんだから、
最近ギウン君に浮気気味の我ではありましたが、
シフ君…惚れ直したドォ~~~

画質悪いけど ソコだけUPさせて頂きヤス。




新米検事のマ・ヘリ(キム・ソヨン)は、
先輩検事のセジョン(ハン・ジョンス)が大好きで、
弁護士役のシフ君はそんな彼女を応援すべく、
「男のハートを掴むには料理が一番!」と、
彼女がセジョンを誘ってピクニックに行く時、
お弁当作るの手伝ってあげるんだよネ。

ヘリはセジョン宅に出向き、
ピクニックお誘いの手紙をポストに入れるのだが、
セジョンより先に彼の娘がその手紙を見つけ、
ヘリを気に入らない娘としては、手紙を隠してしまうのダ。
そうとも知らず、ヘリは約束した場所で延々待ちぼうけ。
セジョンはナ~ンも知らんので娘と食事を済ませる。
んで、夜になって娘は罪悪感を感じたのか、
やっと手紙のことを話すもんだから、
慌ててヘリの元へダッシュするセジョンなのダ

ヘリはセジョンに嫌われてると思い、凹んで帰宅し、
セジョンに会えなかったことをシフ君に愚痴ってると…
ヘリの背後に、彼女を探しに来たセジョンの姿が。
2204261
2204262

シフ君はヘリの為、セジョンを刺激して嫉妬させてやろう、
…って気持ち半分と、
シフ君自身もヘリに気持ちが傾いてるもんだから、
ヘリに近付き、「ふっ」と笑いながら、
いきなり強引にキス しちゃったヨ
2204263
2204264
2204265

まいった まいった のセジョンっすヨ。
今まで、彼女は単なる後輩であって、
ちょっとだけ亡くなった奥さんに似てる、
そう割り切って思うようにしてたのに、
このキスで、セジョンもヘリへの想いを確信しちゃうんだナ。
ショックが大き過ぎて、頭がマッチロになってしまい、
しばし呆然。。。
2204266
2204267
2204268

シフ君はキスしながらも挑発的にセジョンの反応を伺ってます。
(この余裕…どこで身につけたんだろ
セジョンが何とか我に戻り、その場を去って行った時、
やっとこさ、ヘリがシフ君の腕から離れるのだが、
こん時のシフ君は、最後の最後まで、
唇だけはジェッタイ離そうとしなかったワ
2204269
22042610
22042611
22042612

シフ君がヘリにセジョンが来たことを伝えると、
彼女はセジョンを追ってサッサと行ってしもうたぁ。
残されたシフ君は、こんなことした自分を責めてもいたけど、
このキスをきっかけに、
彼はセジョンに対して挑戦的になるのだろうか…。
それに、ヘリは今までセジョン一筋で、
シフ君の存在には気付いてなかったけど、
これで今後はシフ君をオトコとして見るのだろうか。。。
22042613
22042614


以前、このシーンの記事を読んでたら、
シフ君達はNGは出さなかったそうだけど、
んでも、2時間もかけ、15回もキスしたと書いてあったワ
良いシーンを撮るため、色んな角度から撮ったらしいけど、
だったらカメラを何十台も用意して、
1度で済ませろよナ~~~



パク・ギウン その3

パク・ギウン君は、「男の物語」を見るまで、
携帯のCMに出てた彼しか知らなかった
あのCM(5~6年前?)で彼が披露した「ひき臼ダンス」は
当時大ブレイクしたけど、
その後、彼が出たドラマや映画がさしてヒットもせず、
一発屋などと言う酷評もチラホラ目にしたことがあったので、
我には存在感薄~い人となってしまった
だからこそ、「男の物語」の彼にはブッたまげたのダッ

彼を有名にしたCMが  コチラ…



2009年のソウルドラマアワーズでは、
ファンサービスなのか?リクエストされたのか?
ひき臼ダンスのポーズしております。
2204251

                            

2007年公開『同い年の家庭教師2』でのギウン君は、
何やらヨン様のカッコウして記者会見しておりましたが、
(映画にもこんなシーン出てくるんでしょうかネ←映画未見ゆえ)
劇中、在日韓国人の留学生にデタラメなハングルや卑語を教えるため、
“ヨン様”ではなく“ヨク様”と呼ぶべきなんだとか。。。
(ヨクとは、韓国語で卑語を意味するそうな…)

ヨン様のマネしておりますが、遠目に見る分にはまだ良い…
2204253
んが、↓ アップになると…
カメラさん、引いてぇ! 引いて下さ~~~い!
2204252
ギウン君を知りたくて韓国サイトを彷徨っていたら、
白ブリーフ一丁の画像を見つけた
それがこの『同い年~』からのキャプだと分かったので、
この映画…近々見てみとうございます!

                            

これは、06-07 FWソウルコレクションでモデルを務めたギウン君です。
お人形さんみたいにキレイだわぁ~
(ちょっとウエンツ君っぽい?)
2204256
でも、可愛過ぎる自分に照れちゃうのか、
ついフザケちゃうとこがチョアなのヨン
2204257

                            

これ、「チュノ」のギウン君なんだってーーーーー
2204258
「チュノ」は、ヒョクちゃんやジホ、ハン・ジョンスが出てるから、
ジェッタイ、チョルテロ見たいドラマではありますが…
ギウン君も出てたとは知らんかったーーーーー
(この画像を見た時、我は彼だとは気付かなかった…

「チュノ」には16話からギウン君が登場したらしく、
彼には初めての史劇だけど、「男の物語」とは違って、
強い目つきと男らしい口調でカリスマ振りを発揮したそうな。。。
(意外にデコッパチ? 顔…長いんだネ
ここでも演技を認められたのか、
5月22日には、KBSのドラマスペシャル「恐ろしい奴と鬼と私」に
ギウン君が主役に抜擢されたんだって

                            

ギウン君にハマッテしまったので
彼が出演してる「恋愛結婚」を見ることにした。
1話のギウン君・初登場シーンは…
司法研修生の彼は自信をなくし、
年上の彼女(キム・ミニ)に相談しに行くのに、
彼の出世だけを楽しみに応援してきた彼女は、
「辞めたら別れるからネ 」とプレッシャーかけてきて…、
んでも、限界まできてる彼は彼女と別れる事を選ぶのダ。
なんせ彼は5年付き合ってるミニ子が怖くて仕方なく、
緊張のあまり口が渇いて仕方ないのか、
いつも会話しながらリップ塗ってましたワ
22042511

韓ドラは、取りあえず3話まで見て、
鑑賞を継続するか、リタイアするかを決めるだが、
「恋愛結婚」は1話で挫折しそうになった
(4様の「裸足の青春」以来かも…
んが、ギウン君のため、何とか2話まで見たけど…
んでも、2話なんてギウン君は自転車に乗って
ツゥゥゥッと通り過ぎて出番終わっちゃうし。。。
とにかくこのドラマ…かったるぅーーーーー

この先、もぅ少しだけでも面白くなるんだろうか?
チト心配になったので韓国サイトをウロついたら、
ギウン君の美味しいキャプを沢山見つけたので、
頑張って見続けるとしますワ…
22042510-1
2204259-1




パク・ギウン その4 に続く…



22042330

ギョンテ@男の物語のキャプチャーを使って、
ギウン君をいくつかGIF化 ↓ してみたけど、
やっぱ彼の凄さは、
コンマ1秒たりとも見逃せない演技の上手さだと思う。
声も含め、是非動画で彼を見てもらいたいナ~
(エラソ~に言ってる我も、つい1週間程前に
  役者ギウンの存在を知ったのだが…

22042316

22042317

22042318

22042319

22042320

22042321

22042322

22042323

この↓花が折れてしまうシーン、チョア~~~
ポキッと折れた枝に驚き、形だけ花を元通りにすると、
極上の笑顔 見せてくれるけど、
もぅサ、彼が天使に見えてきたガナ(笑)
22042324

13話では、ギウン君がビルの回転扉を不思議がって、
何度も扉の中を出たり入ったりして無邪気に遊んでたけど、
この大~きな子供が我は愛しくって愛しくって、
彼が登場するシーンは何度も巻き戻して見てしまった
それから後半…、ガンウの妹がケガしてICUに入った時、
彼女が心配なギウンは病室から離れられず、
警護も兼ねて廊下の長椅子で寝ていたら…
そこにガンウが突如現れるもんだから、
驚いたあまり、椅子から転げ落ちちゃうのだが、
そこもコマ送りして何度も見ては笑ったドォ~~~

22042331

男の物語でのギウンは、頭とメガネが傾き、
そのメガネの上から大きなお目目で世間を眺めるのダ。
常に体は揺れ、足と手はソワソワと動き、
目はいつも泳いでて、焦点を合わせようとしない(笑)
話す時はオドオド&ビクビク&タドタドしてて、
まるでC3PO@スターウォーズみたいな動きになるのダ

そんな彼にも意外な面があり…、
ネット上ではマジンガーハンターと言うHNで呼ばれ、
経済論客として超有名らしく、
得意な株の話しになると嘘みたいに饒舌になり、
PCを見つめるお目目なんて真剣そのもので、別人になっちゃうのヨ
22042326
22042327
22042328
22042329

頭(記憶力)はとっても良く、英単語は丸暗記してるようで、
単語を口にした後、必ずスペルを言って復唱するのだ。
例えば「ラブ…、エル、オ、ブイ、イ…ラブ!」
この時大事なのは、スペルを言いながら指を数えることで、
これがけっこう笑えるんダナ~~~。
(この行動には彼なりに意味があるようだ
ヨンハなんぞは演技を忘れ、マジ吹き出してるシーンもあったし  

それから…、携帯を指でつまんで持つのも彼の特徴(笑)
もの凄~く細かいトコまで計算して演じてるから脱帽ダス
22042325


このドラマ、お金と男の名誉をかけての闘いで、
(いや、本当はガンウと父親の闘いなのかもしれん…)
個性強烈な脇役達の設定もそれぞれ面白く、
毎回とっても楽しく見ておりましたが…
当初、主役のヨンハはプー同然でグ~タラだったけど、
あんだけ世のため人のため活躍出来る頭脳を持ってんなら、
なして1話から兄ちゃんの会社で真面目に働かんかったんダ

それに、主役の殿2人に想われるパク・シヨンさん、
ア~タも化粧品屋でバイトしながら生計立ててたのに、
売れっ子ホステスになったばかりに金の魅力に取りつかれ、
大手チェドン建設の資金を任されるまでに出世しちゃって…
その才能、ヨンハの為には生かせれんかったのかい
…お金って人を変えちゃうんだネ。
22042332

ギウン君の演技に完璧ヤラレはしましたが、
ラスト、お縄となった辺りからのガンウは圧巻だった!
んが、彼を見ると 藤正樹 思い出しちゃうんだナ…
(昭和の話しで申し訳ないけど、藤正樹とは…
 紫色の学生服着た演歌歌手で、「忍ぶ雨」がヒットしましたワ) 

コチラの記事によると、「男の物語」は、
第43回ヒューストン・インディペンデント国際フィルムフェスティバルで
銅賞を受賞した、と、KBSが20日に明らかにしてます。
これで怪優ギウン君、さらに有名になるかな~~~



パク・ギウン その3 に続く


2204232-1

「ザ・スリングショット~男の物語」見た。
主演はパク・ヨンハとキム・ガンウ。
良心と感情を持たないガンウは、お金命!の精神障害者。
その彼に真っ向からぶつかり、闘うのがヨンハなんだが…
どうもヨンハ君は目に凄みを感じないのよネ  
彼は、サンヒョク@冬ソナみたいに、
ユジンを想って信号待ちしながら泣いちゃう、
そんな気弱で優しい彼の方が好きだけど、
今回、シリアスながらもコミカルな部分も見れたし…、
それより我はヨンハの声が好きなので、それだけで満足

この主役2人に比べると登場シーンは少ないけど、
存在感が断然際立ってた殿がおりましたダ
その殿とは…、
自閉症?チック症?のアン・ギョンテ役、
パク・ギウンなのダ
2204236

彼が画面に現われると、例え端っこに映っていても、
台詞はなくとも、彼の動きや 微妙な表情 が気になって、
絶対目が離せなかったのダ。
2204237

ギウン君はいつも頭かしげ、膝を曲げ、
背中丸めた猫背で歩いてるから小柄なのかと思ったら、
一瞬、シャキッ!としたシーンがあって、
そん時、隣にいたヨンハよりウ~~~ンとデカかった
(いや、ヨンハが小さ過ぎるのか?
イ・フィリップと並んだ時も、身長同じくらい?と思ったほど。
一応プロフィール上では…
  ギウン 182cm、 ヨンハ 175cm、 フィリップ 188cm 
でもきっとギウン君は、役者としても、男としても、
まだまだ成長期かと思うので、
近い内にプロフィールが185cm位に訂正されるかも…
2204231-1
ム所に入ったヨンハ君が身体検査(笑)受けてたけど、
これは ↓ 見えない部分で台に乗ってるのでしょうか
22042340


自閉症役なギウン君は、人と話しをする時、
指をプラグに見立て、ドコでも良いから差し込まないと、
話せない子なのよネ…。
22042313
22042314
22042315

そんな彼がヨンハを信頼し、心を開いたわけヨ。
(それでも指は差し込んでます~
多分、彼には初めて出来たお友達なんだろうナ。
(ネット上では、この2人のラブラインを願う声もあったそうな…
22042312

2204238

本当は、ギウンはガンウの妹に恋してるのよネ。
(彼女に接する時はいつも以上に緊張してメンコイのダ
それに彼女とだけは…指を立てなくても話せるし、
ガタガタにヘボいくせして、彼女を守ろう精神に目覚めちゃうし…
愛って凄いネ~~~。
2204233

ギウンとヨンハの出会いは服役中の刑務所なのだが、
ヨンハがム所内で先輩達にボコボコに殴られてる時、
偶然その現場を見たギウンが勇気を出して監視官に報告し、
こうしてヨンハは命拾いするのだが…
その後、今度はギウンがム所内の怖い兄チャン達にイジメられ、
彼が絶対離さずに大事にしてたヘッドフォンを壊されちゃうんだナ。
(コードも何もない、ただのオモチャだけど…
2204234
ヨンハは、以前ギウンに助けてもらったお礼に、
手作りの木製ヘッドフォンを作ってあげるのダ。。。
2204235
こうして2人の間には友情が芽生え、
シャバに出てからは正式にお付き合いすることになるのダ
22042311

とにかく、ギウン君の怪演が凄過ぎて
カリスマ振ってるガンウや、ベテラン俳優のムンシクさん、
美形フィリップまでもが霞んでしまったほど!
22042310

放送当時、「男の物語」サイトの掲示板では、
ギウンの演技を称賛するコメントがホント多かったそうで、
視聴者に「役ごとに成長する役者」とも言われ…、
それ読んだギウンは「目がしらが熱くなった… 」と。。。
演技を始めて6~7年らしいけど、
こんな事は初めてらしい。。。
自分の不出来さを責め、まだまだだと思っていた頃、
それでも前に進んで臨んだ結果が、
見事にこの役を自分のモノにしたってわけなのネ
2204239


パク・ギウン その2 に続く


以前公開された『下女』の4人4色ポスターでは、
事もあろうに、ジョンジェ版が左右反転しておりましたが…
2204192

他3名のヨジャ達については、
さして興味もなかったので ジックリ見なかったけど、
コチラの記事によると、
韓国のネチズンがソウのポスターを見て、
ある部分に気付いたそうダス。
2204193

左目に注目
(鏡に映ってる顔だから、正確には右目なのかな?)
拡大しないとヨォ分からないので  コチラどうジョ。  
2204194
なんと、サークルレンズがズレてます(笑)

サークルレンズとは  こうゆうモノ。
     2204191
    黒目の輪郭を一回り大きく&強調するもので、
    瞳を大きく見せるためのレンズだけど、
    韓国のゲーノー界では愛用してる人、多いヨね。

この4人4色のポスター、誰が編集したんだろ。
もっと慎重に細かいトコまでチェックしていたら、
ソウの目なんて簡単に修正出来たでしょうに…。
よほど時間がなかったのか、けっこう雑だよネ

そう言えば、4人を並べたポスターでは、
ソウ子の顔が切れてたけど、
これはレンズのズレに後から気付き、
それで意図的に目を隠したかったのか?
…だったらJJのポスターも含め、
最初っからチャンとした仕事しろっ、ちゅ~の! 
2204195


ジョンジェの目はさほど大きくはないけど、
その割に黒目は大きい方だと思うのだが…、
ソウ子をマネして ↓ サークルレンズ入れてみた  

         修正前                  修正後
2204196
2204197
どう?ちょっとだけ可愛くなった? 
皆が入れたくなる気持ち分かるかも。。。



M-netの某芸能番組で、
今週ネットを(?)賑わしたNEWSってことで、
過激な露出が興味の的となった『下女』が14位に。
(もっと上位にランクされても良いのでは?


 コチラ に期間限定(約1ヶ月) で動画UPします。
     ↑ ページ左下 2203021 欄の
     220418 クリックして下さい   



以下、「赤裸々な台詞も映画鑑賞のポイント」
と紹介された、今週14位の『下女』ダス。

『ハッピーエンド』からさらに激しい露出とベッドシーンを
披露するチョン・ドヨンと、
イ・ジョンジェの逞しい腹筋も露になるという気になる映画
『下女』がベールを脱ぎました。
(え、『ハッピ~』以上に凄いの?
 ってことは、JJもジンモ君以上なの? グヒヒ
 んが、予告編見てる限り、JJの腹筋…ケンチャナ?
2204181

23日、公開を前にベッドシーンだけを編集した予告編が公開され、
すぐさま、動画検索ランキング1位となり、
映画への期待感も高まっています。

13日には制作報告会が開かれ、出演者も勢揃いしました。
(JJはヨジョンさんをエスコートしてたけど、
 ドヨン嬢は監督と腕組んで入場したのネ)

“純粋ながらも本能と欲望には正直なウニ役“の紹介で、
ドヨンが「若いメイド役です」と言うので、
“フクロウのように見ている役”として、
ヨジョンさんが「私は初老の下女役」と言うもんだから、
隣のドヨンが苦笑いしております。
ジョンジェはフツーに「主人の男を演じます」
と、ナ~ンもオチがなかった
2204182

上流階級の家に雇われたメイドと、その主人が肉体関係に溺れ、
破滅していくストーリー展開。
(ここで  今まで見たことないショットが一瞬流れた)
2204183

Q:プレッシャーについて
JJ:プレッシャーを感じたのは監督でしょうネ。
   僕はそれほどプレッシャーを感じませんでしたヨ。
2204184
2204185

ヨジョン:社会も人も変化したじゃないですか。
   あの頃のキャラクターとは別なんですヨ。
   社会が変わったんですよ。
   主人も下女も違うんですから、
   だからプレッシャーを感じようにもネ…フフフ。
ドヨン:そうですネ。
2204186
2204187
2204188
2204189
22041810
22041811

JJ:映画は5月13日から劇場公開されます。
   面白い要素満載の見応えある映画です。
ドヨン:関心を寄せて下さるよう宜しくお願いします。
    必ず映画を見て下さいね、ありがとうございました。
22041812
22041813
22041814



ヨジョンさんって、「頑張れ!クムスン」で、
いつも孫娘のクムスンを気にかけ、
「コメオ~(コマオ)」、「ヨボショ~(ヨボセヨ)」と、
独特なお婆ちゃん言葉を使って、
背中丸めてヨタヨタ歩いてたハルモニ役 が印象強いけど、
今回の制作報告会&夜の部で素の彼女を見て、
とっても賢明な人だワと感じた。
ウィットに富んだ受け答えで場を盛り上げたり、
主役だからってわけではなく、後輩としてのドヨン嬢に気配りも出来るし、
クムスンの時みたいな肌着姿と違って
上品でキュ~トな人だと思った。
JJ君はヨジョンさんから学ぶ点が多かったでしょうから、
今回は、ドヨン嬢とは違う意味で彼女から良い刺激を受けたかも…



また掲示板で『下女』情報 教えてもろたぁ~
予告編Part3が出たみたいっすナ → コチラ




映像やスチールをチマチマ流すのは、
カンヌ&韓国での公開まで話題をもたせるためなのか?
その間、各メディアでのインタビューも入るし、
毎日ちょっとずつ情報が更新されるもんだから、
忙しいったらありゃしない!


今回の予告編から、新たなフンさんをUPしてみます

2204171

ジョンジェ君、賢くてイケてるセレブ風だけど、
性格は悪く、根性捻じまがったヤナ奴に見えてきたワ
どんだけナップン ナムジャになりきってるのか楽しみぃ~。
2204172

ジャケット脱ぎながら急いで帰宅したのは…
ドッチの女に会うため?
何だか怒ってるようにも見えるし。。。
2204173

フン&ヘラ夫婦に双子ちゃん 産まれたみたいっすネ。
んが、ウニ子が猛烈な反撃に出たのか、
JJが「アァーーーーーーーー 」ってお叫び上げてたワ。
2204175

このJJ…、狙ったターゲットを一瞬で落としてしまうような、
スケベっぽい目がチョア
2204174
2204179

巨乳は健在だけど、自慢のチョコレート腹筋は…オディヤ?
タイフーンと共に飛ばされてしもぅたか?
2204177

ちょっとお腹に貫録出て来たか?
お腹を前に前にと出して歩いてるみたいで、
フツーのオッサンに見えてしまった
2204176

予告編ではアッと言う間に終わってしまうシーンなので…
ちょっとスロー化してみやした
2204178


下女@芸能街中継2

先月UPしたKBSでの「芸能街中継」が
字幕付きが放送された~~~


 コチラ に期間限定(約1ヶ月) で動画UPします。
    (↑ページ左下 2203021 欄の
     220416 クリックして下さい)  


220416101

MC : 役どころは?
JJ : 彼女は仕える側で、僕は主人です。
MC : なるほど…、ひどい男だとか…?
JJ : こんな役は初めてです。
220416102
220416103

存在感ある2人の俳優とイム・サンス監督によって、
現代版『下女』が誕生しました。

MC : 普段抑えられない欲望とは?
    例えば食べ物とか…。
ドヨン : お酒(笑)
MC : 好きですか?酒量はどのくらい?
ドヨン : 量ったことはありませんが、
    皆さんが思っているほど強くありません。
JJ : 僕も酒の席を楽しむ方なんですが、
    撮影中は辛いですよネ。
220416104
220416105

MC : 今回出演を決めた理由は?
JJ : 僕はチョン・ドヨンさんです!
MC : ドヨンさんは?
ドヨン : …私もイ・ジョンジェさん(爆)
220416106
220416107

ポスター撮影が行われました。
サスペンス作品だけあって緊張感が漂います。
様々なスタイルをお披露目しました。
220416108
   このポスターはいつ公開されるんだろか

MC : どんな衣装ですか?
ドヨン : 締め付けられて上品な格好なので、
    仕事はし辛いです。
    でも、見栄えのする素敵な衣装だと思います。
MC : ご主人の趣味?
JJ : ええ(笑)

MC : 羨ましかったことがあるとか?
JJ : 超豪邸なんです!
MC : 具体的には?
JJ : 広大です。
ドヨン : 韓国映画史上、一番広くて豪華な家でしょう。
220416109

MC : 女優チョン・ドヨンは?
JJ : 共演したいと言う思いがやっと実現して、
    やはり素晴らしい女優だと思いました。
    撮影に入るまでの姿勢から…
    (ドヨン嬢、褒めた称えられ、満足気に笑ってます)
    スタッフとの接し方まで習うところばかりです。
220416110
220416111
220416112
220416113

ドヨ ン:ジョンジェさんは現場で一番の大人です。
    全然気難しいところもなく…。
    (お互い、褒め合ってます)
MC : 忍耐力がある?
ドヨン : …それは分かりませんが(笑)
    心の広い方です。
220416114

最後に…
JJ : 5月の“家族の月”にピッタリの映画で…
ドヨン : 家族の月ね…、ナハハハハ(爆)
JJ : もってこいの映画です、是非見て下さい(笑)
220416115
220416116

MC : 本当に子供と見ても?
JJ : R指定があります。
MC : 楽しみにしてます。
220416117
220416118
220416119




下女・ショーケース

13日の『下女』ショーケースは、
今のとこ、メディアにはUPされてないみたい?
(これ、一般のお客様のみ招待されたのか?)
当日は、映画が公開されたわけではなく、
メイキングと、キャスト&監督がキャラクター像を語る
映像が流れたんだそうな…。
(てっきり試写会かと思ってましたワ

もしや、カンヌ映画祭前だから、ギリギリまで極秘なのか?
だったら、「社外秘」や「重要」スタンプが押してあるフィルム、
誰かこっそり持ち出して見せてくれないかな。。。
(今、掲示板で教えてもらったけど、
 『下女』がカンヌ特別招待作品となったらしい
 チュッカヘ~~~

映像後は、ジョンジェ、ドヨン、ヨジョンさんのトークタイムがあり、
最後に、抽選でサイン入りポスターを会場の何人かにソンムルし、
とっても濃い2時間を過ごしらしい。

韓国ブログにたっくさん画像がUPされてたけど、
ファンサービスとしてフォトタイムがあったのか、
それとも写真(動画)撮影OKだったのか…。
どっちにしても、どれも個人ブログだし…、
知り合いのサイトでもないので(笑)
エエ画像が一杯あったけどココに上げるわけにはいかんから、
コッソリ覗いて楽しませて(?)頂きましたが…
今日届いた『下女』mail に、
ショーケースの画像も添付されてたので、
そちらを貼っておきやす。

2204156

2204154

夜の部のジョンジェは、
トーン押さえた年相応な スタイルで、
午前中の制作報告会より素敵
ジャケット袖口にはトリコロールカラーをチラッと見せてるけど、
こうゆうさり気ないオッサレ~も好き
それに、夜はメガネかけてないから、
後々画像をイジッて遊びやすいのよネ 

2204155

2204157-1 2204158-1

韓国ブログを読んでて、
ちょいと面白かったコメントがあるので、
少々拝借、引用 させて頂きます。

Q:『下女』撮影で大変だった点は?
ジョンジェ: 私は台詞が大変でした。
  “卑しいから仕方がない”や、もっと深刻な台詞を言う時。
 そういう事を言う人が本当に嫌いだったけど、
 それを自分の口で言うのが私には破格的でした。
ヨジョン:私はドヨンにムチで打たれるシーンが一番大変でした。

新・予告編ではソウ子にドヨン嬢がビンタくらってたけど、
腹いせに、今度はドヨン嬢がヨジョン先生を?
それもムチって…  
そのムチは、旦那様が趣味で使ってる物を借りたのかしら。。。

2204159-1 22041510-1

ナマの3人を見た感想として…
ヨジョン先生はTVで見ている姿そのままだった。
ドヨンさんは、TVや映画と特に違ったとこもなく、
  本当に謙虚な女優という感じを受けました。
俳優イ・ジョンジェは、実物の方が遥かに紳士的で、
  柔らかくて、素敵だった。

何でもナマは良いけれど…、
特にJJは、動いてるナマそのものの方が、
画像なんかより断然シュてきだもんネ~


「夜の部」に参加されたロム専・JJペン様より、
当日のJJ画像を頂きました。
「皆様にも」と、ご好意でUPさせて頂くので、
他サイト等への無断転載はご遠慮下さいマセ

2204151

2204153-1 2204152-1 
     これ、カメラ目線なのヨ
 



『下女』新?予告編

今日掲示板で教えてもらったのだが(いつもカムサヘヨ
コチラに『下女』予告編・新バ~ジョンがUPされてた。






22041470
22041471
22041472
22041473
22041474
22041475
22041476
22041477
22041478
22041479

こうしてチビチビ出されると、一気にまとめて見たくなる
しかし、この新バージョン見たら…
ドヨン嬢よりソウ子の方が怖いかも、と思った
この子、とんでもなく自分勝手で、
分別なく何でもやっちゃいそうだネ。


制作報告会の動画も山程あるけど、
掲示板で教えてもらったコチラは、映像もクリアで、
JJのインタビューのみUPされてるので、
ちょいと ↓ 拝借します(削除される可能性大だけど…



さらに、またまた教えて頂いたサイトで…
 コチラ は字幕付きなので、とっても分かりやすいっす 


何本もある制作報告会の動画の中に、
未公開映像やメイキングが少しずつ流れてたので、
そこだけブツブツに  繋いで編集してみやした




22041450

旦那様フンの帰宅をお出迎えするウニ。
22041464
22041451

何やらウニに言い寄るフン。
22041452

これは…ヘラのオンマでしょうかネ。
この女もフンに媚びてるのか?
22041453
22041454

シツコク今夜もウニを誘惑するフン。
22041455
22041456

ワイン色のパンツで迫り、ウニを寝かせない…
22041457
22041458

すっとぼけた顔して、酷いことするんだな~。
22041459

22041460
冷淡に、何事もなかったかのように、
ウニに小切手(手切れ金?)渡したのかな。。。
22041461

ジョンジェがピアノ弾いてるシーン!!!
男とは思えない繊細で美しい指
22041462
22041463



22041431

公開前から、かなり注目されてる作品ではあるし、
ジョンジェも今回こそ(? )自信持ってお披露目できる作品だからなのか、
例え主演はドヨン嬢であっても、この日はとっても機嫌良く見えた。

但し、今回もテーブルに肘付いた関口宏ポーズをするので、
我はこれが気になって仕方なかったガナ
時々隣のユン・ヨジョンさんに背を向ける時もあって、
彼女はJJの後ろからシラ~ッ と冷たく見てる事あったし…。
んが、決して横着な態度であぁしたのではなく、
そんだけ気持ちも前のめりなんだってこと、ご理解頂きたい
…でも、この肘付きは今度JJに注意しとかんとナ。

22041433

22041435

ソウ子はドラマ「シンデレラの姉さん」撮影の為、欠席したようだけど、
彼女がいない分、JJへのインタビュー配分が増えて有難かったかも
とにかく記事が沢山あり過ぎて、全部は読みきれてないけど、
いくつか抜粋してまとめてみやす。

ジョンジェ談
  最初に撮ったベッドシーンでは、台詞はあまり過激ではなかった。
  しかし、カメラ&ライティングなど、
  技術スタッフ側のリハーサルが合わず、
  ベッドシーンを再度撮影しなければならなかった。
  それで、「また撮ろう」と言われ、新しく貰った台本を見た時、
  衝撃的でとても口にすることができない台詞だった為、
  5分間 真剣に悩んで受けることにした。
  撮り直したシーンの台本は撮影後も捨てれず…、
  台詞もとても衝撃的だったので、
  後日、現場でユン・ヨジョンにその台詞を見せ、
  「こんなこと言いながら撮った」と興奮して話した。

22041432

一体、どんだけハードな台詞を強要されたのでしょうか…
我の基準で推し量ると色々妄想が膨らみ過ぎるので、 
お願い、ヒントちょうだい。
しかし、その台本を捨てなかったのは、
ユン先生に「ボクでも出来た!」と自慢 したかっただけなのか、
それとも、今後プライベートでも役立てようと残しておいたのか?
その台詞、どんだけ18禁用語なのか気になるジャーーーン。

イム・サンス監督談
  映画でのベッドシーンは、監督より俳優の役割が大部分を占める。
  いくらクールな俳優でも、ベッドシーンを撮る時は非常に鋭くなる。
  私の場合、そういう演出の経験が結構ある方なのに、
  『下女』のベッドシーン撮影は台無しにしてしまった。
  新しいカメラ技法でちょっと欲を出したため…。
  それで、引き続き2人に「また撮りたい」とお願いすると、
  とても快く臨んでくれて感謝した。
  その結果が映画の中で現れている事を願うだけだが、
  これ以上満足することができないほどの出来だ。

22041437

ジョンジェ談
(メイン6人のキャスト中、男優はジョンジェのみ)
  撮影に入る前、ヨジョン、ドヨン、ソウの女優達と一緒に食事した。
  3人ともとても気が強く、せっかくの食事が胃もたれするほどで、
  3日ほど苦労した(笑)

22041434

ジョンジェ談
  以前から悪い男を演じてみたかった。
  それがイム・サンス監督作品ならさらに面白いと思った。
  フンは全てのものを取り揃えた人物で、最高の悪党だ。
  表向きはカッコ良いが中身は悪い、そんな点も面白いと思った。
  イム・サンス監督が作る悪い男が気になった。

22041436

ジョンジェ談
  作品に入る時は、誰もがも必死に挑む気持ちで始めても、
  最後までやり通すことは容易ではない。
  ところが今回は、皆がただ無事に終わることを願う気持ちで
  夢中で作業した。
  封切りの時が近付けば、ただ怖くて震えるものだが、
  『下女』だけは結果とは関係なく、
  私には既にとても意味の大きい作品となった。
  最も意味ある作品として残るだろうし、
  共演者達との連帯感も厚くなった。

22041430

≪イ・ジョンジェについて≫
ドヨン談
  自分がすべきことを黙黙と成し遂げる俳優。
ヨジョン談
  今回、彼にはターニングポイントとなるだろう。
イム・サンス監督談
  イ・ジョンジェの比重がこんなに小さな役は初めてだと思う。
  それにもかかわらず、熱心な姿に感動した。

エ、エ、エ~~~  
やっぱ、この映画の見せ場となるのは、
金と嫉妬と欲にまみれた女達の戦いなのか?
んが、ジョンジェは、とんでもないサイテー野郎であっても、
カラダとスケベ根性だけは超上流階級クラスときたもんだから
彼女達の闘争本能に火を付ける大事な役になるわけなので、
たとえ本編でフン役の比重が少なかったとしても、
強烈な印象を観てる人に焼きつける、
そう信じておりますドォーーーーー


13日午前11時、CGV狸鴎亭(ソウル)で、
映画『下女』の制作報告会があった~~~
22041428
   MCに「左向いて下さい」と言われると、
   ジョンジェ1人だけが右向くので、
   「ジョンジェさん左です、左!」とシツコク言われてた。
   「お茶碗持つ方」と言われないと分からない子なのかも。。。

韓国サイトを覗いたら、今年最高の期待作だけあって、
制作報告会の記事や動画が半端じゃないくらい多い
シュテキなJJから不細工顔まで 全部上げることは出来ないので、
お気に入りの笑顔を中心にUPしたく思いますが、
何だか顔がむくんで見えるのよネ(下膨れ?)
撮影も終わり、気が緩んで太ったのかな?
それとも、前夜祭でウソン達と 飲み過ぎたのか?

2204141-1 2204142-1

2204143 2204144

2204145 2204146-1

2204147-1 2204148-1

2204149-1 22041410-1

22041414
    プ~ッ顔したジョンジェが一番のお気に入り~~~

22041413

フン役みたいなヤナ奴でイメージを定着させたくないため、
それで清楚で良識あるスタイルを狙ったのかもしれんけど…、
「う~~~~~ん 」  ←我も含め、掲示板・皆さんの感想(笑)
共演者に合わせ、もう少しシックに決めた方が良かったのでは?
…入園式ではなく、せめて入社式ルックにして欲しかった  

22041411-1 22041412

22041424-1 22041425-1

毎度のごとく、カメラマンのフラッシュ攻撃に「眩しい~
それよか ↓ 頭頂部にフラッシュ浴びると 光り過ぎちゃうのでは…
22041415-1 22041416-1

もしもし、他の人の話しもチャンと聞きませう。。。
22041419

22041417

身近にある物はイジらずにはいられない。。。
22041420-1 22041421-1

22041418

22041422-1 22041423-1

22041426-1 220427-1
左 : ヨジョンさんと腕を組み、エスコートしてるようにも見えるけど…
右 : オンマに引率された乳離れ出来ないボクにも見える



『下女』新?ポスター

今まで『下女』ポスターは、ドヨン嬢のみだったけど、
キャスト個々のバ~ジョンも出来た…みたい?

「全てを得られる男、フン」
2204121

これ、ジョンジェが反転されてない?
顔が…違うよネ? 
それに、いつも時計は左手にはめてるし…。
(もしやこれは鏡に映ってる設定なのか?
 表に出さない彼本来の姿を映してるのか?) 
ちょっと画像を反転してみました。
どう?  この方がJJらしくない?
2204122

以前、この衣装で「芸能街中継」のインタビュー受けてるけど、
そん時も時計は…左です。
2204127


他3名様もUPしてみやす。
「全てを与えられる女、ウニ」
2204123

「全てを欲しがる女、ヘラ」
2204124

「全てを見守る女、ビョンシク」
2204125

そう言えば、海外向け?ドヨン嬢のポスターもあったネ。
ジョンジェが映ってないから以前はスルーしたけど
ついでなので 貼っておきます。
2204126


下女・新サイト

トップページのみだった公式サイトに、
사이트 입장하기(サイト入口)のアイコンが出来て、
サイコチックなページが立ちあがったドォ~~~
2204109
2204108

初めて見るジョンジェ画像が少しあったのでUPしたく思いますが…
壁紙もドヨン嬢のあのポスター1枚だけだし…、
なんだかJJの画像、少なくないかぁ~~~っ

2204107

2204105
   娘ほったらかしで、若い嫁と何イチャついてんでしょ…

2204106
   厳しい表情でモニターチェックするプロ3人。
   こうやって最高の出来となる作品が仕上がるんダナ。。。


キャラクター紹介のJJ…顔デカクない?
これじゃぁ5頭身ジャン
(このキャスト内容に関しては、
   以前  コチラ 本家に貼ったものと同じだった)
22041010


synopsis…コッソリ(?)頂いて来ました
この哀し気で不気味はピアノ曲を聞いてたら、
『サスペリア』思い出したガナ



動画のP子流なんちゃって訳は、
 コチラ 本家にUPしました



下女・新スチール3

コチラに、「妙な魅力が入り乱れた破格的なエロチシズム」として、
また『下女』の新しいスチールがUPされてた。
(以前UPした画像もあるので、それはスル~します


 イム・サンス監督とユン・ヨジョンの間には、
いつも楽しい空気が流れる。
零下20度にもかかわらず、2人が笑って撮影すると、
シナリオで平凡だったシーンが面白く変わったりする。
2204101

 何も知らずに寝てしまったウニ。
待ち時間が長くなるとドヨンはとても疲れてしまい、
こうして写真を撮られたことも知らず、本当に眠ってしまった。
(カンヌ女優さん…口開けて寝てます。
 育児と仕事の両立で疲れきってマジ爆睡中?
2204102

 ジョンジェくらいスーツが似合う人はいない。
普段のラフな姿も光っているが、
スーツを着てセットに入ると、本当に目が離せない。
(一時でも目が離せないんなら、
 その邪魔なブラインド、どうにかしてクデ
2204103

 ユン・ヨジョンとドヨンはこの映画で初めて会ったのに、
長年の知り合いのように、本当に幻想的な相性を見せてくれた。
2204104



名作劇場「トリプル」

今日KNで放送されたMBC「ハッピースペシャル」は、
名作劇場コーナーに「トリプル」が登場した
んが! 16話のドラマがギュ~ギュ~に詰められ、
21分26秒 のダイジェスト版となってた(笑)

 コチラ に期間限定(約1ヶ月) で動画UPします。
    (↑ページ左下 2203021 欄の
     220409 クリックして下さい)  

名作コーナーでは…
“フィギュア選手の夢と挑戦、
 繊細な演出、感覚的なセリフ”
そう紹介されてたけど…、そ、そっか?  
そんなドラマだっけか?  

この短縮版では…、
ファルがハルの同居を許すまでに9分かかっており、
よって残り12分で、そこからはもの凄い速度で、
一気にラストまで持っていかにゃイカンから、
ケサン君やソンギュンさんの愛だの恋だのは…
全てカットされております
さらに、プンホ役のソン・ジュンギ君に至っては、
影も形も声も…、破片すら映っておりません

短縮版では、ハルが競技中に転ぶシーンが、
「緊張のあまり転倒してケガをする」となってたけど、
実際には、愛する兄とスインコーチの関係に嫉妬し、
怒りや悔しさで頭がグチャグチャになって整理がつかず、
それでハルは滑りに集中出来なかっただけなのに。。。

ってことで、このダイジェスト版は、
スケーター・ハルにのみスポットを充て、
完璧なスポ根モノとして仕上げておりますが
案外、16話のオリジナルも、
ジョンジェ&ミン・ヒョリンの無理ある恋愛なんぞは入れず、
この線でいった方が面白かったかも

2204091
2204092
2204093
2204094
2204095
2204096
2204097
2204098
2204099
22040910
22040911
22040912






下女・新スチール2

「狂ったように見たいネ、下女」と題し(笑)
コチラ と コチラ に、
またまたスチールが公開されてますワ


 ガラスと鏡でもう少し広く
『下女』では、ガラスと鏡を使った演出が目立ちそう。
イ・ハジュン監督:「空間ごとにガラスの質感を変え、
  鏡を小道具というよりは空間を拡張させる概念で使った」
写真はキッチン。
ウニ(チョン・ドヨン)より長く仕えるビョンシク(ユン・ヨジョン)との
密接な空間。
キッチン後ろの長い廊下を通るとビョンシクの部屋。
モーニングコーヒーを、専門店でも見られる
大型エスプレッソマシンで飲む姿で、
この家族の趣向を伺い知る事が出来る。
2204081

 家の中、全てをひと目で
妻ヘラ(ソウ)と主人フン(イ・ジョンジェ)の寝室。
予告篇で浴槽を磨いているウニと、化粧室でワインを飲むヘラの姿が
フンから同時に見えるシーンがあるが、
この家の空間は、時によって1つのアングルに収まるように位置している。
「自由な動線と制限のないカメラアングルにするため」
2204082

 派手で乾燥した感じ
「ただ暮らすと言うよりは、家全体をギャラリーのようにしたいと思った」
居間の様子で分かるように、この家はブルーとグレーの冷たい色感が主だ。
実際、大理石を利用したのもそのため。
イム・サンス監督は、空間的な感じはイ・ハジュン監督に任せたが、
家具や小道具は全て取り揃えたと言う。
2204083

 派手で乾燥した感じ2
部屋の壁紙は、デザインよりも、
色が与える視覚的、感性的なものを伝えようと思った。
2204084

 身分差を表す二つの階段
イ・ハジュン監督:
 「原作のように階段の重要性を強調したくはなかったし、
  原作より空間が多いので、
  階段で多様な動線を捉えるのは難しく思った」
2204085


 隠密な所は、もう少し暗く冷たく
原作の様に、ピアノを弾くフンも、ピアノ部屋を持っている。
主人と下女が目を交わす事が最も多く、一番激しく行き来する所だ。
2204086

 おまけ
公式サイトを開くと、サブウィンドウが立ち上がるけど、
その中にも未公開画像があったドォ~~~
2204087
22040811
22040810
2204088
2204089

ジョンジェとソウ子さん、画像だけでは夫婦に見えない。
(オッパでもなく…、親戚のおじさんみたいだよネ
画像も良いけど、もっと動くジョンジェが見たいヨォ~~~。


下女・新スチール1

『下女』の新スチールがUPされたぁ~~~

コチラコチラ、それからコチラ他から、
そのまんま翻訳いってみます~~~

故 キム・キヨン監督の 1960年『下女』が、
イム・サンス監督の現代的感覚に再解釈された。
『下女』はカンヌの女王 チョン・ドヨンの新しい挑戦であり、
イ・ジョンジェの果敢な跳躍とユン・ヨンジュンの濃密した変身、
ソウの新しい発見が期待される作品だ。

高級な大邸宅を背景に繰り広げられる交錯した欲望のドラマと、
破格的なエロチシズムがすでに話題になっている。
5月13日封切りを控え、
徹底してベールに包まれていた『下女』のスチールを、
作家サリーチェの話しを通じて公開する。


 新たに入って来た下女ウニが家主フンと初めて会う場面。
家主の視線を受けるドヨンの緊張する表情と、
年を取った下女の無情な表情が対比されて面白い。
22040716

 帰ったフンを迎える下女達。
余裕ある表情のジョンジェと対照的に、下女達はとても緊張している。
22040717

 子供部屋に入ったドヨンが急にニッコリ笑ってダンスをした。
時折、彼女は少女のような面が見られ、とても可愛らしかった。
22040718

 ドヨンは現場で若いスタッフ達の名前まで覚え、
温かく率先して親しくなる俳優だ。
完全にウニになるには大変だったはずなのに、
そんな関心と配慮はどこから来るのか本当に驚くべきだ。
22040719

 ウニがヘラのヨガを助ける場面。
緊張感漂うこのシーンが終わった後、
彼女たちはお互いの柔軟さを自慢して現場の雰囲気を和ませた。
22040720

 ユン・ヨンジョン先生は顔つき1ツ、台詞1ツが芸術だ。
下女の病的な洗練さは、先生でなければ出来なかったはず。
22040721

 ピアノの練習に没頭するジョンジェ。
彼は“殺人の微笑”とタバコ1本で、撮影現場をジャズバーにしてしまった。
22040710

 豪邸セットでよく登場する下女用階段。
とても狭く、スタッフ達が立っていることも大変な場所。
『下女』では、この廊下を行き来する場面が多いが、
その誰もが通ろうとしない。
俳優らの表情一つ一つがさらに多くの話しを作り出す。
22040711

 フード スタイリストが準備した生ガキと食材が一杯の台所。
この日ユン・ヨジョンとチョン・ドヨンは撮影を言い訳に牡蠣パーティーをした。
カットが終わるや否やおいしく食べてしまったが、
写真には楽しそうな表情がそのままあらわれた。
22040712

 妻の母・ミヒ役のパク・チヨンが初めての撮影の時、
とても魅力的な妻の母が現れて驚いた。
普段はとても気さくなので、扮装前はスタッフ達も気付かなかった。
22040713

 母娘役のパク・チヨンとソウは本当に母娘のようだった。
22040714

 家族が森の中から別荘へ向かう場面。
大雪が降った中、撮影地に行くため、
皆がすべりやすい渓谷を降りて行くのにとても苦労した。
この時もジョンジェは実際の家族のように、
ソウと子役が倒れないよう見守った。
22040715

 ドヨンは下女の衣装をうまく着こなした。
目つきと動き一つで断定した下女を、
ある瞬間、あのようにセクシーな衣装で作り上げた。
その妙な魅力に陥って思わずショットを押していた。
22040722

 撮影現場で待機する時間も下女の衣装を着れば、
いつも手を前にして端正に座っていたドヨン。
このような姿で夢中になって考えに浸り、
キャラクターに没頭しているのだろう。
22040723

 いつも現場で溌刺とした茶目っ気多いソウだが、
時折、孤独な顔を見せた。
高慢な奥方ヘラの内面を覗き見るようだった。
22040724

 強烈な目つきのドヨン。
22040725

もっとジョンジェのショットを見せて欲しいけど、
4月13日に先行試写会があるようなので、
そうなると…
その後、他の映像も公開されるかも~と期待しておりまふぅ


当ブログには、「パク・シフ」で検索して
辿り着かれる方が非常に多いのですが、
なのにここんとこ、シフ君ネタはほとんどUPせず、ミアナムニダ…
んがっ! 
決してシフ君への熱が冷めたわけではごジャイません  
彼の記事は常にチェックし、美味しい画像はホイホイ保存し…
まだまだ愛は深く静かに(? )続いております  

ってことで、今日はシフ君のお誕生日なので、
ここ1年間のシフ君ショットの中から、
チョアチョア なモノをひたすらダラダラ並べ
センイルMVを作ってみました。

  コチラ MV LIST 内の
   「シフ センイル2010」 クリックして下さい


MV内のシフ君から、数枚貼ってみやす~~~。
2204032

2204033

2204034

2204035

 

                                   


  
シフ君の公式サイトが出来ました
トップページからチョイと拝借し
我の近くにもシフ君おいときますぅ
2204036-1

ファンへのメッセージもあって、
最後にハート 作った時、誰かに見られてないか?と、
照れて背後をチェックするとこがメンコイのぉぉぉ
2204039
2204038
2204037


2204011

掲示板で教えてもらいましたが…
『下女』のティーザーポスター、公開されたのネ!
んが、これ1枚だけなの? 
我ジョンジェ…オディヤ~~~?

朝鮮日報さんの記事にもタイトルが大きく…
“チョン・ドヨン主演 『下女』ティーザーポスター公開”と。
(ポスターでは、ジョンジェの名前はドヨン嬢の次なのネ
もしや、両A面みたいに(アナログ過ぎ?
この裏側はジョンジェのポスターじゃないの?

キャッチコピーが
「わたし、できます…何でも…」だそうで。。。
意味深デス
あの予告編を見た今、
ドヨン嬢が何やらかしてくれるのか、
JJは何されちゃうのか、期待大でございます
この期待…絶対裏切らないと思う、ふふっ

2204012-1





| Top |