2008.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008.07

ホクロ&エクボ

我ジニが「美女たちのおしゃべり」のゲストだったと聞き…
やっと、その登場回を見た 

韓国では、ホクロを取る人が多いって話題が出て、
ホクロがあると肌が綺麗に見えないから、
それで女性は取りたがるそうなのだが、
ジニは…、
「眉間に小さなホクロがあったので取りました。
 眉間のホクロは縁起が悪いらしいです」
2006292

2006291

そう申しておりましたが…眉間にホクロ?
って事で、昔の画像を探したら…、おぉ、あるある!
20062910

番組内では、各国の美女達によるホクロ談義が始まり…
・カナダでは「美しいホクロ」という言葉があるらしく、
 沢山ある人ほど美しい、って意味なんだとか。
・中国では、ホクロを取ると不幸になると言われてる為、
 取ると両親に大反対されるらしい。
・マレーシアでは、ホクロの位置によって意味が違い、
 耳にホクロのあるイトゥク君@SJの場合は、
 沢山愛され、幸せでお金持ちになるという意味があるんだとか。
2006293

・台湾では、ホクロを取ることを進めるのは失礼にあたる。
・トルコでは、生きボクロは取るけど、普通のホクロは取らない。
 トルコ男性は顔にホクロが多いと魅力的で、
 唇の上に1ツあるとセクシーだと言われてるらしい。

ホクロからビヨ~ンと生えてる毛は縁起が良い、とか、
手の平にあるホクロは福を掴む…ってのは聞いた事あるけど、
ホクロを取るってのは、韓国独自の習慣なんでしょうかネ。

次に話題が「1箇所だけ整形するとしたら?」へと変わり…
(おいおい、ジニはどう答えるんだ?とドキドキですガナ
イトゥク:「(整形は)しません。反感を買うかもしれません」
この時、MCが彼の片エクボを発見する。
イトゥク:「子供の頃は両方にエクボがちゃんとあったんです。
 おばさんに、女性がソコにハマっちゃいそうと言われました」
なんぞと自慢しております…
2006294

MC:「チョンジンさんはどうですか?」
ジニ:「エクボが欲しいですね」
(話題が整形からエクボに代わってホッとしてるかな?
2006295

ジンちゃんは、エクボを作ろうと顔を引きつらせてます。
2006296

隣にいたブライアン@FTTS達が、
「(エクボ)ないだろ?…かすかに2ツある?
 いや、4ツあるじゃないか!」
2006297

2006298

普通、エクボって可愛いのに、
ジニの場合、目が笑ってないから…変デス
何だか腹話術の人形みたいに見えますダ…。
(ちなみに、我は両頬にエクボが出来ます

オマケ(?)で、ブライアンが
「僕は自分で二重にする事が出来ます。微妙だけど…」
そう言って披露してくれたけど、一重の時は男前なのに、
二重になると顔つきがキツくなります
最近、修正した 我ジニも、
常に目ヂカラが入リ過ぎて、チョイ怖いのよネ
自然が一番…なのにネ
2006299




 日記



史劇JJ

昨日、我BBSで教えてもらったのだが…
コチラ、原油高問題のNEWS内で、
ジョンジェが刺激ルックで登場しておった!
…間違えた、史劇ルックでした

2006251

5分ほどのNEWSだけど、
ジョンジェ登場は20秒なので、ソコだけ抜いてみた









オイルの値上がりは、韓国のマネジメント産業にも影響大で、
特に、車両運行の多いマネジャー達には大問題みたいっす…。
んで、どういう繋がりなのかは???だが、
ジョンジェとワン・ビナさんがインタビュー受けてて、
ビナさんは、「以前は少し暑いとエアコンをつけてたけど、
今は、窓を空けたり、日陰に車を止めたり…」と、
小さなことからコツコツ始めてる様で、これぞ節約の基本ですナ。

ジョンジェはと言うと…
「節約の方法はとても多いけど、
 各自、生活習慣をどの様にするかが重要だと思う。
 新人や地方公演他のイベントをする歌手達は、
 車を使う頻度が高いから、原油高の影響を受けて大変ダ」
ってなことを、多分?言ってるみたいですナ
…我も、節約に対する意識レベルを高く持たねば!

2006252

2006253

このインタビュー、楽屋で受けてるのかな?
これ、何の衣装なんだろ?
『1724~』の撮影時だったのかな?
(パッと見、「水戸黄門」の 助さん・格さんかと思ったガナ

NEWS本編では、パク・シニャン氏のキャンピングカーや、
イ・ソジン氏のセダンも登場してましたワ。
2006254

助手席には、キム・ジョンウンが座るのかぁ…
2006255




 日記



ジョンジェ@ルマン

ジョンジェは、Audi コリアの広報大使として、
2008・ルマン24時間レースの公式招待を受け、
13~18日迄、フランスに行っておったのですが、
なかなか現地JJ情報を得られなかったので、
本当に行ってるのかぁ~?と思ったら…、
やっと動画  UPされたドォ!










フランス旅行&レース観戦、楽しかったんだろうナ~。
目尻垂らして…、良い笑顔してますワ
2006247

ゲーセンにいる男の子みたく、
カートに乗って、夢中になっております。
(『情事』の時は、ミスク姐を乗せてたっけ ← ドコに?
2006243

2006244

その手が、いつ耳をイジるのかと期待してたのに、
今回、耳は触りませんでした…。
2006245

2006246

舌をチョロリと出す仕草が…エエっす
2006241

2006242




 日記



シン・グ

シン・グさんはインタビュー嫌いらしく、
なので、今回は食事で釣ったらしいけど(笑)
カメラを前にして、インタビュー中、本当によく食べてます。
(お料理に箸を伸ばし、返答が一時中断すること度々でしたから

MC:「70歳過ぎても元気な秘訣は?」
シン:「まずは…両親に感謝すべきだろうな。
  あんなにお酒を飲んでも何ともないのを見ると
  基本的に健康に生まれたし、最近はよく歩いてる。
  1週間に40キロは歩きます」
韓国のドラマ撮影は長丁場&ハードスケジュールだから、
健康管理は常に心掛けてるんでしょうネ。

MC:「インタビューが嫌いな理由は?」
シン:「つまらない…ガハハ!
  どんな酒や飯が好きかと聞くけど、それは人間が生きる姿だけで、
  雑多な日常生活を話してみると、大して面白くない」

2006226

演劇歴45年の超ベテランなのに、
ベッドシーンどころか、キスシーンもなかったらしく、
自ら、“ラブストーリーの主人公は無理だ、
顔からして無理だと知ってたから期待もしてなかった”
そう仰っておりますが、それでも、
ラブストーリーの俳優が羨ましかったと言ってます。
でも、誰にも出せない味のある役者なので、
恋愛モノに拘る必要はないと思いますダ

演劇から演技を始め、若い頃から白髪のお父さん役を演じてきて、
“カニの味がわかるか?”ってCMでイメチェンして、
これをきっかけに、コメディーから心温まる演技まで
多様な役を演じて第二の全盛期を迎えたんだとか。

このCM ↓ フルバージョンで見てみたい…
2006222

ここからはプライベートな話しへ…。
シン:「うちの子供は結婚して2ヶ月で生まれた。
  (オモ、出来っちゃった婚なのネ
  39歳で結婚し(当時としてはかなりの晩婚ですナ)
  あの頃は演劇をしてたから金がない。
  だから、準備出来たら結婚しようと思って遅くなった」

2006223

奥様とは6年間、付き合い、
その間、ズッと彼女はシンさんを待っていたらしい。
シン:「彼女もボクを好きでたまらなかった…。
  でも、それが辛くて…。
  結婚話しをしないから、米国の姉の家に行ってしまった。
  去ってみると寂しくなって本当に結婚できないと思った。
  “戻って来い、来たら何とか暮らせるさ”
  ウソを並べて手紙を出したんだ。
  当時、彼女も行くアテがなかったみたいだし…笑」

2006224

2006225

MC:「愛してると言いましたか?」
シン:「…妻に向かって?」
“お前、愛してる”を催促され、シンさんは笑ってます。
シン:「愛してるだなんて…」
照れ隠しにお茶を飲み、間をあけてます。
MC:「寂しく思いますよ、言ってあげて」
シン:「目の前で?面と向かって言えない。照れるから」
MC:「気持ちよく愛してると言ってあげて、前にいると思って」

シン:「おい、ありがとう
   お前のおかげで僕は頑張れる、感謝してる」
MC:「“愛してる”は?ほら、早く!」
シン:「愛してる」
やっと言えた安心感からか、
子供みたいな屈託ない笑顔を見せてます

2006221

初めて「愛してる」と言ったらしいけど、
この年代の殿方は、恥かしくってなかなか言えないよネ~。
でも、優しいシン・グさんの奥さん、幸せ者だな~。

今見てる「18.29」では、頑固爺さん役を演じておりますが、
「ありがとうございます」のシン・グさんは本当に良かった!
天使みたいな笑顔で、チョコパイ握ったミスター・リーは、
まさに純粋なシン・グさんそのもの。適役でしたワ



 日記



水平線ダンス

先日、亜細亜ツアー最後の北京公演を迎えたトン達は、
ジュンスの提案で、ステージ上でのミッションとして、
ジェスチャーをしよう!と言う事になったみたいで…、
ミッキー:「ステージでは出来ないような…」
シア:「出来なさそうだけど、実際に出来ないと意味ないし、
  もう、ウインクとかVサインはやめようヨ」
ミッキー:「つまらないしネ」
ジュンス:「だったら、以前、某放送局で初めて公開した
  東方神起のダンスがあったでしょ?」

2006203

シワ:「水平線ダンスだったよね?」
ジュンスがチャンミンを皆の前に立たせ、
“これは絶対に恥かしがってはダメ”と言い聞かせ、踊らせる

基本的な動作をチャンミンが見せたあと…
この動きを早くすると…と、
早送りバージョン を披露するから、メンバー大受け
2006202

んで、このダンスを、ステージではユチョンがやる事になり、
ミッキー:「いきなり ?…ボクなの~?」
  ちょっと!勝手に話しを進めるなよ、ボクが踊るの?」
シア:「当たり前でしょ!」
2006205

2006204

ジュンス:「ユチョンGO!って僕らが叫んだら…」
シア:「その時だけはファンではなく、カメラに向かって…
   (視聴者に)期待して下さい~笑」
2006206

2006208

って事で、ミッキーが任務遂行の為、ステージに現れ、
ラジオ体操でも始めるみたいに、まずは直立不動。
2006207

んで、いきなり水平線ダンスのお披露目会となった
2006201

ダンスを終えたら、恥ずかしくなったのか、
後ろ向いて笑っておりましたが、
こんなアホな事を一生懸命やるミッキーが…好きヨン

この水平線ダンスとやら、我もやってみた(笑)
んが、アジュンマには、意外にムジュかしかった



 日記



キム・ヨンジェ

先月末に開かれた「甘い私の都市」製作発表が、
KN番組内で流れたので見てたら…
イ・ソンギュン、チ・ヒョヌ共演なのは知ってたけど、
彼らと一緒に、もう1人並んでる殿がいて、
この殿、ドコかで見たことあるけど…と、思ったら、
「魔王」のソクチンさんじゃあ~りませんか
(正しくは、キム・ヨンジェ氏と言うのネ…)

2006152

製作発表での彼は…
左耳にピアスが光ってるのヨ
「魔王」の時は、ピアスの穴すら気付かなかったけど、
今回の役に合わせて、穴を開けたのかな?

2006153

ヨンジェ氏は、『密陽』に出演したおかげで、
今回の「甘い私の都市」にキャスティングされたらしいけど、
我は、「魔王」での彼しか知らない
(『コースト・ガード』にも出てた様だけど…ドコにいた?
「魔王」では、森本レオに似てるナァ~と思ったのに、
今回の「甘い私の都市」では、
“無職だが、裕福な家に育った自由人的キャラ”らしく、
奔放そうな軽いイメージを見せてくれるのかな~

ソクチン氏@魔王
2006151


 この殿方、本当にソクチンと同一人物なの?
キム・ヨンジェと同姓同名の別人じゃないか?
2006157

2006156

2006155


若かりし頃は…アイドルを狙ってたのか?
2006158

ロン毛より、短い方が断然似合います
2006159

意外に硬そうで逞しい二の腕 してます。
2006154




 日記



キム・ソンミン

今年初め?に放送されたMBCドラマ、
「ビフォー&アフター 整形外科」のNG集を見たら、
キム・ソンミン氏がオッ茶目なのヨ~

ソ・イヒョンが演技しようとしたら…
2006142

スタッフに代わり、マイク持ちしてた彼は、
「すみませ~ん、マイクがぁぁぁ。…さぁもう1回!」
と、彼女の前にズルズルッとマイクを落とし、
1人で大喜びしてるのダ。
彼女に「ジャマばっかりして~」と怒られてたけど、
その後、また同じ事してフザケテおったワ

2006143

その後、イヒョン嬢が真面目に演技を始めると、
彼は退屈なのか、下からライトを当てて遊んでおります…。
一応(?)男前役なのに、こういう子供っぽい面を見せてくれると、
近所のアジョッシ みたいで、親しみ感じますダ

2006141

キム・ソンミンって、今まで我が見た韓ドラの中では、
「ダイアモンドの涙」の超・最低男役を演じてたので、
どうも、あの強烈な悪役の印象が残っているのだが、
(それだけハマリ役だったって事なのか?)
なのに三枚目も見せちゃうから…うまい役者なんでしょうナ

韓タレさんにしては珍しく、胸毛あるのよネ
2006144




 日記



奴・奴・奴

レコーダーに溜まってた芸能番組を見たら、
『良い奴、悪い奴、変な奴』の写真撮影の様子が流れた。
この3人の中では、我はウソン贔屓 なのだが、
撮影の合間、少年ウソン君は、ふざけて皆の笑いをとってましたワ。

2006071

MC:「(ビョンに)馬賊のボス役ですよね?
  ガンホさんの方が似合う気がしますが…」
ビョン:「そうなると、変な奴を演じる人がいなくなるでしょ」
隣のガンちゃん、大爆笑してます~
2006072

ビョン:「一緒に寝起きしながら共同生活していたら
  俳優やスタッフが皆、仲良くなりました」
つ~事で、親しくなった3人は、お互いをドウ思っているのか…
ウソン:「ガンホさんはどこにいても
  バクテリアみたいに死なずにいつまでも生き続けます」
ガンホ:「バクテリア?」
ウソン:「適応能力があるんです」 笑

2006073

ガンホ:「ウソンの魅力は…
  ゴキブリのような生命力がありますね。
  ゴキブリは地球が滅びても絶対に死にません!」
言い返されたウソンは、苦笑いして室内をウロウロ。

2006074

ビョン:「ウソンさんは最少年らしく明るくて、盛り上げ役で…
  でも、面白くないのが問題ですが(笑)
  愛嬌のある役です」
この時、ウソンがインタビュー受けてるビョン兄の後ろをうろつき、
カメラに愛嬌ぶりを見せてましたワ。

2006075

MCがウソンに愛嬌を振りまいてるのか聞くと…
ウソン:「どんな愛嬌?」
と、急にブリッコポーズを披露するので、皆が笑うのヨ~!

2006078

2006077

超男前なのに、この気取りのなさ…たまらなく好き
2006076

撮影は、かなり厳しかった様だけど、
これを乗り越えられた理由は…、
ビョン:「ガンホさんの部屋は常に酒の箱が積まれていて
  一番人気の部屋でした。
  スタッフや俳優は酒が飲みたくなると
  ガンホさんの部屋で一緒に飲んで…
  そういうことが結束力を固めた気がします。
ウソン:「撮影を終えて、思い出話しのように話してますが、
  奥地での撮影は、正直辛かったです。
  無事に終わったこと自体が、
  2人(ビョン&ガンホ)の人柄を物語っていると思います」

ガンホ:「今、韓国映画が低迷していますよね。
  昨年から厳しい時期を迎えていると思いますが
  我々の映画によって活力を得るような…」
ウソン:「期待に背かない映画になると思います」
ビョン:「楽しく爽快な映画としか表現出来ませんね」
早く見たいネ~



 日記



デコ仲間

昨日UPしたペ・チャンホ監督特別展…
別バージョンの動画もUPしときヤス。









ナニを話してるのかは分からんけど
ジョンジェが会場を盛り上げてるのは確かっすナ。
隣の監督も楽し気で…、仲良いんだネ  

この2人、オデコがヨ~光っておりますなぁ
んが、ジョンジェ君…
もしもこの先、さらにデコ面積が広くなったとしても、
監督みたく、テッペンを隠そうと、スダレにだけはしないでネ…

2006021




 日記



ボウジュ頭?

これ…、最新のジョンジェ  なの?

2006011


確か、ソウル楽園洞ソウルアートシネマで、
今日までペ・チャンホ監督特別展があって、
ジョンジェも参加予定、ってな記事はあったけど…。









暑いから坊主にしたのか
それとも、新作用にヤッテしまったのか
2006012

2006013

2006015




 日記





| Top |